FC2ブログ


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

このタイミングでX-37Bの話題。

2009.11.26(01:42)

アメリカ空軍、X-37Bの打ち上げは2010年4月

【sorae.jp】

>Spaceflight Nowによると、アメリカ空軍は開発中のX-37B軌道試験機(OTV:Orbital Test Vehicle)
>の写真を公開し、打ち上げを2010年4月に設定したようだ。

>X-37Bは宇宙空間から無人で帰還できる宇宙船。長さ約9メートル、翼幅約4.5メートル、重さ約
>5000キロで、スペースシャトル(オービター)と比較すると、大きさは4分の1程度しかない。

>ペイロードフェアリングに入れられた後、ケープカナベラル空軍基地からアトラスVロケットによって
>打ち上げられ、X-37Bは地球周回軌道で試験を行った後、大気圏再突入し、無人でバンデンバー
>グ空軍基地もしくはエドワーズ空軍基地に着陸するという。

>X-37計画は元々アメリカ航空宇宙局(NASA)が進めていた、スペースシャトルの軌道から帰還さ
>せる使い捨て機体の計画だったが、2002年にX-37A滑空試験機とX-37B軌道試験機にそれぞれ
>別れた。さらに、2004年にNASAが計画を断念したことにより、管轄がアメリカ国防総省国防高等
>研究事業局(DARPA)に変わり、計画も大幅に遅れている。

>この写真は2009年8月に撮影されたもので、ボーイング社の工場内のX-37Bを写している。なお、
>X-37Bは2010年2月にケープカナベラル空軍基地に運ばれ、2010年4月19日に打ち上げられる予
>定となっている。

さて、DARPA管轄となったこの無人往還機。果たして開発成った暁には、どういう使われ方をされるんだか? 興味津々でございます。

スポンサーサイト
<<こがしゅうとセンセイの「アナタノ知ラナイ兵器」について | ホームへ | 航空自衛隊終了のお知らせ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://strangemecha.blog59.fc2.com/tb.php/448-bad0f19f
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。