スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

北朝鮮のテポドン2、飛距離は当初発表を上回る見通し

2009.04.12(19:32)

ソースがテクノバーンなんで、アレなんだけど……。

>今月5日に発射実験が行われた北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2」の飛距離は当初、
>米国政府が発表した1900マイル(約3000キロ)を上回る2390マイル(約3800キロ)まで到達し
>た可能性があること、また、当初予定していた軌道高度まで搭載していたペイロードを投入す
>ることができなかったのは、セカンドステージの燃焼が規定時間よりも早期に終了してしまっ
>たことではなく、セカンドステージの燃焼後のイベントとなるサードステージのステージ分離が
>正常に動作しなかったためだということが10日、米早期警戒衛星のレーダー情報の分析作業
>
により明らかとなった。
>
>
米国防総省ではまた、打上げ後、北朝鮮が公開したテポドン2の打上げ時の映像にファースト
>ステージとセカンドステージの中間に位置するフラスタムセグメントから煙りが噴出しているこ
>とから、この長距離弾道ミサイルは非常に高度な姿勢制御用バーニアを装備していることが
>判ったとしている。
>
>
一般の打上げロケットの場合、ロケットの中間部分に姿勢制御用バーニアを備えることは少
>なく、米国防総省では将来の地下サイロからの発射に備えて、姿勢制御装置に改良を加えた
>のではないかと見ている。
>
>
米国防総省では、テポドン2のファーストステージ、セカンドステージの両方ともに北朝鮮が当
>初、設定した危険水域に落下したとした上で、セカンドステージの燃焼完了までは当初の目
>標を達成した可能性が強いと述べている。

実は、打ち上げ時に2段目の途中から噴き出した煙は、ちょっと気になっていたんだよ。

>一般の打上げロケットの場合、ロケットの中間部分に姿勢制御用バーニアを備えることは少
>なく、米国防総省では将来の地下サイロからの発射に備えて、姿勢制御装置に改良を加えた
>のではないかと見ている。
>

あっはっは。ミサイル実験の可能性が高くなって来やがりましたね。
最初から衛星なんかなくて、3段目の分離機構も付けてなくって、弾頭には炸薬分のカウンターウェイトが積んであったら大陸間弾道弾の実験としてはまるまる成功じゃない。

(ただし、着弾観測による検証は必要ないのかって疑問も残るけどな)

スポンサーサイト
<<護衛艦「ひゅうが」の見学に行きました。 | ホームへ | 光明星2号なんてなかった? 疑惑の銀河2号>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://strangemecha.blog59.fc2.com/tb.php/420-3fa9260a
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。