スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

宇宙は大ヘンだ。(その2)

2009.02.12(14:08)

なんかもう、宇宙関係の話題がHOTです。

米露の大型衛星同士が宇宙で衝突…大量の宇宙ゴミ発生
【読売新聞】
>米メディアによると、日本時間11日未明、シベリア(ロシア)の上空約800キロ・メートルで、
>
2基の人工衛星が衝突し、多数の破片が宇宙空間に散らばった。
>
>米航空宇宙局(NASA)によると、衛星同士の偶発的な衝突は、50年以上にわたる宇宙開発
>の歴史上、初めての事故。NASAは、高度約400キロ・メートルを周回する国際宇宙ステー
>ション(ISS)や、様々な衛星などへの影響を分析している。
>
>衝突したのは、米イリジウム社が1997年に打ち上げて運用中だった衛星電話用の通信衛星
>と、ロシアが93年に打ち上げて運用を停止していた通信衛星。AP通信によると、イ社衛星は
>560キロ・グラム、露衛星は1トン近い重さだった。NASAジョンソン宇宙センター(テキサス州)
>で軌道上の破片監視を担当するニコラス・ジョンソン氏は、「過去の経験からして、大きな破片
>だけでも数百個、小さな破片はもっとあるだろう」と推測する。
>
>破片の大半は衝突が起きた高度付近で雲のように集まって動いているが、一部はより高い軌
>道や低い軌道へも飛散しているとみられる。破片によっては、地上へ落下するまでに数十年、
>軌道上を漂う可能性があり、他の衛星などとの再衝突が懸念される。
>
>ただ、若田光一飛行士が間もなく長期滞在に入るISSへの影響について、ジョンソン氏は「真
>っ先に分析したが、極端な危険はない。(若田飛行士をISSへ運ぶ)次のシャトルにも影響は
>ないだろう」と話している。
>
>◆イリジウム=高度780キロ・メートルに配備した66基の人工衛星を利用した米国に本拠を
>おくデジタル衛星携帯電話サービス。北朝鮮とスリランカの一部を除いた全世界をカバーし、
>平地だけでなく、海上や山岳地帯でも利用できる。運営会社は今回の事故によるサービスへ
>の影響はない、としている。

イリジウム携帯って、まだ営業してたんですねえ(営業やめるとかいう話は日本だけでしたっけ?)。
しかし、ロシアの方は運用停止中のコスモス偵察衛星だって話だけど、軌道変更は出来なかったんでしょうかねえ?

「まいど1号」地球の撮影に成功
【読売新聞】
>1月23日に打ち上げられた東大阪宇宙開発協同組合の雷観測衛星「まいど1号」が、高度666
>キロの日本上空からの撮影に成功した。
>
>青い地球に関東以西の太平洋側と中国、四国、九州地方がはっきりと写っている。
>
>まいど1号は、大きなトラブルもなく、機体の姿勢制御や太陽電池の発電量の監視など、3月に
>予定している雷観測実験に向けて準備を進めている。
>
>画像は今月2日、宇宙航空研究開発機構と電子機器メーカー「シキノハイテック」(本社・富山県
>魚津市)が開発したカメラで撮影した。今後も月などの天体を写したり、別カメラで機体を撮影し
>たりする予定だ。
>
>同協同組合は「予想以上にきれいに撮影でき感激している。地元小学校に提供し、子どもたちに
>夢を与えたい」としている。

こちらはひさびさの日本の明るい話題。こちらも初めてまいど1号のカメラ画像を見られたので感動。巻史郎、完全にはったりだよね。

スポンサーサイト
<<北朝鮮、脅威のメカニズム | ホームへ | 北朝鮮、テポドン2号発射に必要な設備を運搬中か>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://strangemecha.blog59.fc2.com/tb.php/376-c6439459
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。