2009年02月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 銀河2号+光明星2号情報:2題(02/28)
  3. 北の実験通信衛星…北極は中国、南極は韓日が反対(02/26)
  4. 光明星2号キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! (02/24)
  5. 航空ファン4月号(02/24)
  6. 【北朝鮮】テポドン2号発射準備の現状について(02/23)
  7. ガレージキットワンダーフェスティバル、7月26日に開催。(02/19)
  8. インド、有人宇宙船コンセプトを公開(02/18)
  9. 北朝鮮、「人工衛星」発射を示唆=ミサイルは「でたらめ」と主張(02/17)
  10. 「まいど1号」雷をキャッチ=宇宙から観測-大阪大(02/17)
  11. 未成原子力空母ウリヤノフスク(02/14)
  12. 北朝鮮、核弾頭製造に着手か=兵器保有認知に固執-米下院公聴会(02/13)
  13. 中国、原子力空母2隻計画 20年以降、西太平洋に展開(02/13)
  14. 北朝鮮、脅威のメカニズム(02/13)
  15. 宇宙は大ヘンだ。(その2)(02/12)
  16. 北朝鮮、テポドン2号発射に必要な設備を運搬中か(02/12)
  17. 宇宙は大ヘンだ。(02/11)
  18. LRAD(02/09)
  19. ひょっとして北朝鮮は究極のマイペース国家なのでは?(02/03)
  20. 北朝鮮がテポドン発射準備 米偵察衛星確認 改良型の可能性(02/03)
  21. めめんともり その4(02/01)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

銀河2号+光明星2号情報:2題

2009.02.28(12:54)

テポドン発射予告:北朝鮮、レーダー試験稼働
【朝鮮日報】
>自動ポンプを設置、燃料注入に要する時間はわずか1日から2日
>
北朝鮮は発射後のミサイルを追跡するためのレーダーと計測機器のテストを開始した。これは咸鏡
>北道花台郡舞水端里のミサイル試験場に設置されている。また周辺では車両や人間が慌ただしく
>動き回るなど、テポドン2号発射に向けた準備を引き続き行っていることが分かった。
>
>韓国政府筋は26日、「舞水端里でテポドン2号の発射準備を続けてきた北朝鮮は、ファイアーワーク
>・レーダーなどミサイルの追跡と制御を行う機器のテスト稼働も開始した」と発表した。
>
>ミサイルを追跡するレーダーや制御装置は、北朝鮮がテポドン2号発射の成功を確認するのに欠か
>せない機器だ。
>
>この政府筋は「北朝鮮は1998年のテポドン1号や、2006年のテポドン2号発射の際には、実際に発射
>される2週間から3週間前にはファイアーワーク・レーダーを稼働させ、ヘリックス・アンテナも設置し
>ていた。そのため今回も本格的な発射準備に取り掛かったといえるだろう」と述べた。
>
>北朝鮮国連代表部のキム・ミョンギル次席大使はこの日、米国アトランタで開催された学術会議に
>出席した際、記者たちから「人工衛星を発射するのか」という質問を受けた。これに対してキム大使
>は、「人工衛星の発射は予定通り行う。あとはやるだけだ。いつ発射するかは見てのお楽しみだ」と
>発言している。
>
>また別の政府筋は「北朝鮮は試験場内の液体燃料注入施設を地下に建設し、韓米の情報当局が
>偵察衛星などでこれらを把握しにくいようにした。また、燃料の注入に要する時間も短縮させたと聞
>いている」と述べた。
>
>北朝鮮は先月末、テポドン2号を平壌近くにあるミサイル工場から舞水端里にある試験場に運搬し
>たが、そのときもカバーで覆われた長さ40メートルの特殊なトラックを利用し、米国の偵察衛星に
>よる追跡を困難にしていた。
>
>1998年と2006年にテポドン1号と2号を発射した際には、液体燃料を積んだトラックが列を成し、4日
>から5日かけて燃料を注入した。そのため韓米当局は発射の時期をある程度予測することができ
>た。
>
>北朝鮮は今年初めに発射場と発射台の改修工事を完了したが、その際、自動ポンプ装置を設置
>したことも分かっている。これは地下に設置された燃料タンクから、パイプを通じて発射台に立てら
>れたテポドン2号に直接燃料を注入するものだ。専門家によると、この装置を活用すれば、燃料の
>注入に必要な時間は1日か2日に短縮できるという。
>
>米国はKH‐12偵察衛星でテポドン2号の燃料注入を監視している。この衛星は数百キロメートル
>上空から15センチの大きさの物体を識別する能力を持つ。しかしこのような偵察衛星でも、地下の
>動きまで把握することはできない。韓国政府の関係者は「発射が近づいている兆候は液体燃料の
>注入だけではない。韓米の情報当局はこれらも把握できるため、発射が近づいているかどうかを
>知るのはそれほど難しいことではない」と述べた。
>
>北朝鮮が発射場や発射台の改修を行い、それにより発射に要する時間を短縮させたのが事実だ
>としても、情報当局は「北朝鮮が実際にテポドン2号を発射するにはやはり1週間以上は必要」と判
>断しているという。
>
>ユ・ヨンウォン軍事専門記者

ファイヤー・ワーク レーダーって、どのくらいの性能のレーダーなんでしょうねえ?

米韓外相、北朝鮮への対応協議  ミサイル、組み立て開始か
【共同通信47NEWS】
>韓国の柳明桓外交通商相とクリントン米国務長官は26日、電話会談し、北朝鮮による長距離弾道
>ミサイル「テポドン2号」発射準備の動きについて対応を協議した。米韓外交筋が27日、明らかにし
>た。
>
>一方、聯合ニュースによると、韓国政府消息筋は、発射準備が進行中とみられる北朝鮮の咸鏡北
>道舞水端里の発射施設で、ミサイルの推進体部分の組み立て作業が始まっていると言明した。作
>業は地上で行われているもようで、1-2週間で発射準備がほぼ終了する見通しという。
>
>外相会談では、ミサイル発射の動きが北東アジア地域情勢と6カ国協議の進展に悪影響を与える
>ことへの憂慮などについてあらためて協議したとみられる。

やっと、推進対部分(1段目か2段目)の組立てが始まったようです。先はまだまだ長いぞ(笑)

スポンサーサイト

北の実験通信衛星…北極は中国、南極は韓日が反対

2009.02.26(15:04)

【中央日報】
>北朝鮮は、発射準備を進めている長距離弾頭ミサイル「テポドン2号」を「ミサイルではなく実験
>通信衛星だ」と主張している。
>
>主権国家として「平和的に宇宙を開発できる権利」を行使するだけだということだ。しかし国際社
>会の判断は異なる。宇宙開発を言い訳に、ミサイルの実験を行おうとするものと見ているからだ。
>
>北朝鮮が東海(トンへ、日本名・日本海)に向かって打ち上げた衛星を軌道に進入させるために
>は、100キロの上空で、方向を北極に変える高度な技術が必要とされる。果たして北朝鮮はそ
>うした技術を保有しているだろうか。それとも、ミサイル弾頭の代わりに実験通信衛星を搭載した
>ままテポドン2号を打ち上げることで、「長距離発射能力」をアピールしようとしているのだろうか。
>
>北朝鮮は咸鏡北道花台郡舞水端里(ハムキョンブクド・ファデグン・ムスダンリ)の基地で発射
>準備を進めているテポドン2号を、実験通信衛星「光明星2号」だと主張してきた。
>
>しかし北朝鮮の主張にはいくつかの問題点がある。「北朝鮮の技術力で実験通信衛星を宇宙軌
>道に進入させることができるか」も疑問視される。北朝鮮は98年に光明星1号を搭載したテポドン
>1号を東海に向かって打ち上げたが、地球軌道の進入に失敗した。06年にはテポドン2号を発射
>した直後に胴体が折れ、北朝鮮の領海に墜落した。
>
>ひとまず北朝鮮が光明星2号を宇宙に打ち上げるための「発射過程」は、国際社会に対立をもた
>らしうる。北朝鮮が北極や南極に向かって発射するのが難しい上、東海に向かって打ち上げる場
>合も日本の領空を侵害する可能性が高いからだ。
>
>専門家はテポドン2号(銀河2号)のトップに搭載される光明星2号を低軌道周回衛星とみている。
>国防科学研究所は「テポドン2号の大きさから考えて、600-700キロの上空を飛行し、南極と北
>極を軸とする極軌道で、地球の周囲を1日7-9回ほど回転する低軌道周回衛星を発射できる規
>模だ」という見方を示した。   
>
>衛星を打ち上げる場合には、北極または南極に向かって発射してこそ成功の可能性が高くなる。 
>北極に向かって発射する場合には中国とロシア、南極に向かう場合は日本と鬱陵島(ウルルンド)
>の上空を経由することになる。
>
>軍情報筋によると、北朝鮮は98年にテポドン1号を中国の方向に発射しようとしたが、中国の拒否
>にぶつかった。テポドン1号が途中で中国領土に墜落する場合、大きな被害が出る可能性がある
>ためだった。
>
>南極の方向は、韓国・日本とのトラブルをもたらすのが明らかだった。これによって、北朝鮮は周
>辺諸国に通報する慣例を無視し、北極の方向から若干外れた東海(トンへ、日本名・日本海)の方
>向であるロシア・サハリン島と北海道の間に向かって、テポドン1号を打ち上げた。
>
>今回も同じ方向でテポドン2号を打ち上げる場合、韓国・米国・日本の反発に直面するほかない。
>空軍法務監事を務めたソ・ヨンドゥク弁護士は「東海のように狭い所は、状況次第では領空に準じ
>管理される」とし「北朝鮮がテポドン2号の軌跡を事前に十分通報しない場合、日本は領空侵害と
>見なすことができる」という見方を表した。米国と日本がイージス艦に搭載されたSM3(海上に配
>備されたスタンダード・ミサイル)で迎撃できる名分を与え得るということだ。
>
>万一、迎撃を避けるとしても、軌道進入を成功させる可能性は低いと専門家は見ている。航空宇宙
>研究院のチョン・ヨンシク室長は「北朝鮮がテポドン2号を北極に外れる方向に打ち上げれば、100
>キロの上空で、方向を北極の方に転換しなければいけない」とし「その場合、北朝鮮の技術力では
>軌道進入が容易ではないだろう」と述べた。この場合、成功の可能性は30%以下と専門家は予想
>する。
>
>国防科学研究所は「技術的な事柄を踏まえる場合、北朝鮮が実際に実験通信衛星を地球軌道に
>進入させようとしているというよりは、ミサイル弾頭の代わりに通信衛星を搭載してテポドン2号を発
>射し、長距離発射能力をアピール、または実験しようとしているようだ」という見方を示した。

何だか知らんが、北朝鮮の科学技術レベルをかなり買いかぶってますなあ。 私は光明星1号の画像を見たことがあるんだけど、はっきり言ってスプートニクに毛の生えたレベルの衛星なんですよ。
テポドン1号では光明星1号の軌道投入に失敗したわけだから、普通の楕円軌道衛星の成功実証データすら北朝鮮では検証出来ていないんですよ。そんな状態で、いきなりハイレベルな東方打ち上げ~極軌道への偏向なんて

やるわけないでしょうが(爆)

今度の光明星2号も、おそらくは東方打ち上げの楕円軌道衛星ですよ(笑) 誰だよ、変に北朝鮮を買いかぶっているのは(笑)

舞水端里から打ち上げる限り、東方打ち上げは規定事項。これだと一段目が日本列島に落ちる可能性が少ないんだけど、南方打ち上げの極軌道投入やると一段目が日本列島に落ちる可能性が高くなるんでないかい?
北朝鮮が南方打ち上げ~極軌道投入を実施するのは今回の次の段階で、そのために東倉里の基地を建設している可能性が高いです。東倉里基地から南方打ち上げすると、ほとんどどこの国に迷惑もかけず、ハイレベルな軌道投入技術も不要衛星の極軌道投入が可能になりますから。もうちょっと、考えて報道しようよ。

光明星2号キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

2009.02.24(13:44)

「人工衛星」発射準備と表明=テポドン2号か-北朝鮮
【時事通信】
>朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会スポークスマンは24日、「人工衛星」
>の発射準備作業を本格的に進めているとの談話を発表した。朝鮮通信(東京)が伝えた。北朝鮮
>は最近、長距離弾道ミサイル・テポドン2号の発射準備とみられる動きを見せ、「人工衛星」打ち上
>げを示唆してきた。
>同談話は、咸鏡北道花台郡にある衛星発射場で、実験通信衛星「光明星2号」を運搬ロケット「銀
>河2号」で打ち上げる準備を本格化させているとしている。また、1998年の長距離弾道ミサイル発
>射について、「最初の試験衛星『光明星1号』を打ち上げた」と主張した。
>談話は、具体的な発射時期は明らかにしていない。聯合ニュースによると、韓国軍当局者は発射
>台にミサイルはまだ装着されていないため、すぐに発射できる状態ではないとの見方を示した。韓
>国の李相憙国防相は18日、北朝鮮による長距離ミサイルの発射準備は早ければ2、3週間以内に
>整うと語っている。
>米国などは、北朝鮮のミサイル発射は国連安全保障理事会決議違反となると警告。クリントン国務
>長官は先のアジア歴訪を通じ、ミサイル発射を自制するよう強くけん制した。24日の日米首脳会談、
>25日の李明博韓国大統領の就任1周年に合わせる形での北朝鮮のミサイル発射準備表明は、結
>束を強める日米韓3カ国を揺さぶる意図があるとみられる。

北朝鮮宇宙開発関係者の公式発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

これで間違いなく、準備中のロケットの制式名称は「銀河2号」人工衛星の制式名称は「光明星2号」ですね。連中、こういうところでウソはつかないので、まちがいなくこれは衛星打ち上げでしょう。まだ発射台に据え付けられていないのも、こちらの予想通りでした。

まあね、やらせてあげればいいんじゃないの。そりゃあ確かに、北朝鮮は宇宙条約非加盟国かもしれないけれど、宇宙は誰のものでもないんだし
それに、連中の考えてる通りに成功すれば日本に落下するわけじゃないんだし北朝鮮がどの程度のテクノロジーを持っているのかがはっきりするわけだし、失敗して日本に落っこちて来たらその時は遠慮なく撃ち落せばいいんだし

もちろん成功の暁には、国連の非難決議と制裁決議のオマケを付けて上げればいいんだし。

航空ファン4月号

2009.02.24(00:49)

というわけで、航空ファンの4月号を買ってきたですよ。もちろん最大の目当ては、我が師匠国江隆夫氏連載原稿「空母グラーフツェッペリンと搭載機」第2回

第2回は、船体外形船首内搭載フォイトシュナイダー・プロペラ、それからさらりと触れられている大型エレベータと、船首圧搾空気式カタパルトのお話。
実は船首がバルバス・バウだったとか、艦橋のある右舷が重くなったのでバランスを取るためにバルジを左舷に増設したおかげで左右非対称な船形になっているとかいう話は、師匠に聞かされていたけれどいつぞやの宝島の原稿に書かなくても問題ない話だったんで、すっかりうろ覚えだったわよ(笑)
それと、今でこそバウスラスターが普及しているのでこんな変な事はしないんだけど、キールの造船所がライン河にあったもんだから、普通はタグボートに装備されるはずのフォイトシュナイダー・プロペラが船首に内蔵されていたなんて話は、この船をフツーの空母だと思い込んでいる人には想像もつかないお話(だから、変な船なんだよ)。
それから、艦上爆撃機のJu87シュトゥーカが主翼を展開したまんまエレベータで上がってくるとか、圧搾空気式カタパルトには台架が付いていてBf109Tが主脚を収納した状態で射出されるとか、2基のカタパルトを使って18機の艦載機をわずか9分で発艦させられるとか、過去に師匠に聞かせていただいたお話がそのまんま掲載されているので、今回も要チェックですぜ。
そして、日本人の大誤解である「グラーフツェッペリンが空母赤城を参考に設計した」説は、実はエレベータだけであることも、今回きっちり書いておられます。いや、赤城の設計を全部見習って建造したら、こんな変な船にはなんないんだから。
というわけで、こういうのが本物の「アナタの知らない兵器」だと言うのだよなあ。まったく。
まだ艦載機の話どころか、搭載火器と電子兵装の話にあまり進んでいないので、第3回以後もヒジョーに楽しみな連載ですわ。

さてさてところでメイン特集の心神の記事なんですが、65ページに掲載されているRCS試験模型の写真のエアインテイクに、パシフィコ横浜の展示では装着されていた赤いフタがなくて、中にエンジンのファンブレードらしきものが映っているのですよ。
それと66ページの写真には、パシフィコ横浜の展示時には装着されていなかったジェットノズル部分のパドルが付いていたりします。
つまりまあ、パシフィコでの展示肝心な部分をごっそり抜いて来たがらんどうだったわけで、さらにそいつを一般人には写真規制していたというエラく慎重な展示だったわけですな。肝心な部分なんか、実は何にもなかったんだろうねえ。

【北朝鮮】テポドン2号発射準備の現状について

2009.02.23(13:18)

数日以内にテポドン発射準備が整う模様
【週刊オブイェクト】
通常、こういう記事は出来るだけソースに近い記事を紹介するようにしているが、JSF氏の本日の記事は、大半の部分でこちらの書きたい事を代弁してくれているので、あえて紹介させていただく。
ただし、宇宙条約に関する部分北朝鮮には関係ない話であり、どこの誰が何を言おうが北朝鮮はすでに決定している打ち上げ日には確実にテポドン2号を打ち上げるであろう。
北朝鮮の打ち上げ日は、北朝鮮の祝日や記念日に打ち上げるのがセオリーなので、次のX-Day候補4月15日か4月25日3月中に我々の知らない何らかの記念日があればその日だが、韓国マスコミで報道されているような、韓国大統領就任一周年に当たる2月25日に当て付けて打ち上げるなどということはまずないと思われる。こういう点、韓国は自意識過剰だと思う。

ところで、Globalsecurity.org2009年2月17日の舞水端里の衛星写真が公開されているが、これを見る限りではまだ、発射台に据え付けられているようには見えない。
おそらくこの時点では、増築された試験棟での最終受入検査と調整試験の段階であり、燃料注入にはまだまだの様に思われる。今後も少ない情報から動きを注視する必要はあるが、2月25日に発射出来るとはどうにも思えない。
北朝鮮は意外と義理堅い国家なので、少なくとも発射直前にはロシアに危険水域設定の警告が通達されるはずである。その辺から、情報を得ていく必要があるのではなかろうか。

ガレージキットワンダーフェスティバル、7月26日に開催。

2009.02.19(01:58)

次回のガレージキットワンダーフェスティバルは、

7月26日に幕張メッセで開催

なんだだそうです。

つまりまあ、いろんな問題は抱え込んだまんまなんだけど、そんな事は取り敢えずうっちゃっておいて、別の会場でやっちゃいましょうってコトか。やれやれ。

インド、有人宇宙船コンセプトを公開

2009.02.18(01:11)

インド有人宇宙船

sorae.jpより
>インドの航空ショー「エアロ・インディア2009(Aero India 2009)」が2月11日から2月15日まで、バン
>ガロールのヤラハンカ空軍基地(Air Force Station Yelahanka)で開かれ、インド宇宙研究機関
>(ISRO:Indian Space Research Organisation)は同航空ショーで、インド初の有人宇宙船のコンセ
>プトモデルを公開した。
>
>公開されたコンセプトモデルは、ソユーズ有人宇宙船に似た重さ約3000kgの宇宙船で、帰還モジ
>ュールとサービス・モジュールで構成され、3人の宇宙飛行士を乗せることができる。高度約400km
>の軌道を周回し、宇宙空間で最大7日間滞在でき、ランデブーやドッキングの機能も備えていると
>いう。
>
>
打ち上げにはGSLV(Geosynchronous Satellite Launch Vehicle)ロケットの改良版である「GSLV
>マーク2ロケット(GSLV Mark 2)」が使用される予定で、最初の有人打ち上げは2015年を予定して
>いる。
>
>
「もし資金調達がうまくいけば、2015年には(有人の)GSLVマーク2が打ち上げられるだろう。そし
>て、我々の次の目標はたぶん月である」
>
>
今回の発表の中で、インド宇宙研究機関のマダヴァン・ナイール(Madhavan Nair)総裁はこのよう
>に述べた。
>
>
インド初の有人宇宙船の開発はロシアが協力しており、2013年にも、ロシアのソユーズ有人宇宙
>船を利用し、2人目のインド人宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)に送り込む計画が進めら
>れている。
>
>また、新華社などの報道によると、インド側は有人宇宙飛行を成功させた後、中国側よりも早く有
>人月面探査ミッションの実現を目指しているようだ。中国側は独自の宇宙ステーションを建設し、
>2017年頃に有人月面探査を予定しているが、インド側は2015年から2016年を目指しているという。

元記事はSpace.com

sorae.jp の記事にはソユーズ有人宇宙船に似たと書かれていますが、実はアポロ司令船と機械船をリファインしたものであり、非常に堅実な設計のものとなっています。インドはアメリカに宇宙飛行士を送り込んでいる国なので、宇宙開発にはアメリカの技術を導入出来る利点がありますから、この有人宇宙船は最初から結構いい線行くと思います。
つーか、こういうの見せられても黙ってるんでしょうかねえ、ウチの国は。

北朝鮮、「人工衛星」発射を示唆=ミサイルは「でたらめ」と主張

2009.02.17(00:31)

【時事通信】
>北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、「宇宙開発はわれわれの自主的権利であり、現実発展の要求だ」
>とし、「わが国で何が打ち上げられるかは、見守れば分かるであろう」と指摘、「人工衛星」打ち上げ
>の可能性を示唆した。朝鮮通信(東京)が伝えた。
>北朝鮮は1998年に長距離ミサイル「テポドン」を発射した際に「打ち上げたのは人工衛星だった」と
>主張しており、国際社会からの非難を避けるために、今回も同様の弁明を用いていると考えられる。
>朝鮮中央通信は、長距離ミサイルの発射準備を進めているとの見方について「でたらめ」と否定した。
>北朝鮮メディアが「ミサイル発射準備」説に言及するのは初めて。

弁明も何も、

テポドン1号には本当に光明星1号を積んでた

んだから、ウソでも何でもないでやすよ。ただちょっと、

衛星分離時に失敗した

だけですよ。というわけで、

光明星1号が成功したというのはウソ。

なんでまあ、今度のテポドン2号もマジに光明星2号を軌道投入しようとしているのかもしれません。
実はあの国の連中、妙なところだけ正直なんだって。でも、見栄っ張りだから結果が失敗に終わったらそこだけウソつくんだってば。

「まいど1号」雷をキャッチ=宇宙から観測-大阪大

2009.02.17(00:21)

【時事通信】
>大阪府東大阪市の中小企業が中心となって開発し、先月23日にH2Aロケットで打ち上げられた
>小型副衛星「まいど1号」が、搭載した雷の観測機器で地上の雷活動の観測に成功したと16日、
>大阪大が発表した。
>観測チームを率いる大阪大工学研究科の河崎善一郎教授によると、雷を観測したのはオース
>トラリアとアフリカの上空。今月12日から14日にかけて、雷が放電する際に出すVHF電波を宇宙
>航空研究開発機構の筑波宇宙センターで受信した。
>観測は機器の試験段階で行われたもので、早ければ3月から本格的な観測を始める。雷のより
>精密な観測機器は2012年に日本の宇宙ステーション「きぼう」に搭載される予定。

おめでとうございましたっ!

未成原子力空母ウリヤノフスク

2009.02.14(08:56)

空母ウリヤノフスク

  この画像が、旧ソ連最後の未成原子力航空母艦ウリヤノフスク級となります。

全長:324.6 m
全幅:最大75.5m
吃水:11.0 m
満載排水量:79,758 t
基準排水量:60,000 t
推進機関:加圧水型原子炉×4基,蒸気タービン×4基,4軸推進
出力:24万馬力
最大速力:30 kt (55 km/h)
乗員:2,300名(うち航空要員:1,500名)
搭載機:70機以上(Su-33艦上戦闘機,Mig-29K艦上戦闘機,Yak-44E早期警戒機,Ka-27ヘリコプターなど)
(一説にはSu-25艦上攻撃機型)
武装:
SS-N-19シップレッグ対艦ミサイル用VLS×12基(最大射程:700km)
SA-N-9ゴーントレット対空ミサイル用VLS×24基 (有効射程:1500~12000m
(総搭載数:192発)
CADS-N-1複合型CIWS(30mmガトリング砲+SA-N-11)×8基(搭載ミサイル数:256発)
30mm AK-630CIWS×6基 
(一説には、RBU-12000対潜ロケットランチャー×10)
電子兵装
マルス・パッサート多用途フェーズドアレイレーダ×1
ポドベレゾヴィク(フラット・スクリーン)多用途3次元レーダ×2
ポドカート-M(クロス・ソード)低高度目標探知レーダ×4(SA-N-9照準用)
ホット・フラッシュ目標探知レーダ×8(CADS-N-1照準用)
アンドロメダ航行用レーダー×3
ガゾン(ケイク・スタンド)航空機管制レーダー×1

まあ、中国海軍額面通りにこの艦を造れたらバケモノが出来上がりますね。

まずは艦載機から見ていきましょう。艦上戦闘機はロシアからSu-33シーフランカーを購入できるので、何も問題ないはずです。今更、Mig-29Kとの2機種併用はないんじゃないかな?
もっとも、中国海軍の原子力空母就役は2020年以降なので、その当時になると艦上戦闘機/艦上攻撃機の要求性能向上している可能性があります。
何より、Yak-44E早期警戒機は旧ソ連でも開発中止になった機体なので、艦上早期警戒機については一から開発しないといけません。おそらくKa-31早期警戒ヘリコプターを導入することになると思いますが、E-2C並みの早期警戒機が必要になってくるハズです。結構、艦載機については前途多難かも。

続いて搭載武装です。現状で最も射程が高そうな中国の対艦ミサイルはYJ-62ですが、VLS運用が出来かどうか? 結局、本家SA-N-19をライセンス生産する話になると思います。ただSA-N-19って射程距離が短いのバケモノなのよねん。
対空ミサイル陸上発射型のHQ-17をすでに持っているので、特に問題はありません。CIWSはすでに730型30mmCIWSを保有しています。

電子兵装ですが、多用途フェイズドアレイレーダ052C型駆逐艦で運用中多用途3次元レーダは、そもそもワリャーグに搭載予定のものだったので無問題。他のレーダも対して問題はありませんが、艦種が空母ともなると他の駆逐艦との戦闘情報統制システムが必要になります。ただしまあこれも、ワリャーグで運用しようと考えていたものがあるはずなので、あまり問題ではないでしょう。

結論として現状の技術的ネックは艦載機と対艦ミサイルですが、まああと11年もありますから何とかなっちゃうんじゃないでしょうか。

北朝鮮、核弾頭製造に着手か=兵器保有認知に固執-米下院公聴会

2009.02.13(16:29)

【時事通信】
>【ワシントン12日時事】1月に北朝鮮を訪問した米シンクタンク「国際政策センター」のセリグ・ハリ
>ソン・アジア研究部長は12日、下院外交委アジア太平洋小委員会の公聴会で、北朝鮮軍幹部が
>既に核弾頭製造に着手した可能性があることを示唆したと証言した。また、北朝鮮が核兵器保有
>国として認知されることに固執していると説明した。
>ハリソン氏が1月13-17日に訪朝した際、朝鮮人民軍板門店代表部の李賛福代表は、兵器化し
>た30.8キロのプルトニウムを使って核弾頭の製造段階あるいは試作段階に入ったことを示唆。
>また、北朝鮮高官らは、既存の核兵器を廃棄するかどうかはオバマ米政権の出方次第との姿勢
>を示すとともに、日本が負担を拒否している20万トン分の重油支援を強く要求したという。

もうね。今日は何なんでしょ。北朝鮮ネタ盛りだくさん杉
30.8キロは結構信憑性のある数字だと思います。

中国、原子力空母2隻計画 20年以降、西太平洋に展開

2009.02.13(15:26)

【朝日新聞】
>【北京=峯村健司】中国軍が2020年以降、同国として初めてとなる原子力空母2隻の建造を
>計画していることを軍関係者が明らかにした。今年から通常型空母2隻の建造を始めることが
>すでに明らかになっているが、原子力型は燃料補給せずに長期間移動できるため、遠洋への
>本格展開を目指す動きとして注目される。
>
>
中国軍関係者によると、北京で08年12月30日に開かれた軍主催の内部検討会議で、軍幹部
>が「海軍は09年から空母建造を本格的に始める」と説明。電力制御システムの部品は国内で
>の製造をすでに始め、15年をめどに2隻の通常型空母を完成させることを明らかにした。20年
>までに運用体制を確立し、沖縄、台湾、フィリピンなどを結ぶ防衛ライン「第1列島線」を越え、沿
>岸防衛からの脱却を目指す。
>
>
これに加えて建造を目指す原子力空母2隻はいずれも6万トン級の中型艦。旧ソ連が建造を中
>断した原子力空母「ウリヤノフスク」の設計図をすでに入手しているといい、開発の参考にすると
>みられる。
>
>
中国軍は将来的には日本列島からグアム島、インドネシアに至る「第2列島線」内の西太平洋海
>域の制海権を確保したうえで、インド洋や太平洋全域で米海軍に対抗することを目標に掲げてい
>る。同関係者は「今年から造る通常型2隻は布石に過ぎない。原子力型は建造や運用に膨大な
>費用がかかるが、我が国の経済発展のペースを考えれば大きな障害にはならず、さらに多くを
>建造する可能性もある」と述べた。
>
>
1月20日に発表された中国の国防白書には初めて「遠洋での作戦能力向上をめざす方針」と明記
>されたが、空母には触れていない。しかし、空母建造のため海軍は専門部署「048事務室」を開設。
>海南島三亜の亜竜湾では、弾薬などを貯蔵する地下トンネルを含め、空母の母港機能を持つ埠頭
>(ふとう)の建設に着手している。
>
>現
在、原子力空母を保有するのは米国のほかはフランスだけだ。中国が機動力の高い原子力空母
>を含む将来計画を具体化させるにあたり、日本や東南アジアの周辺国だけでなく、米国も警戒を強
>めるのは必至だ。

なるほど。まずは通常動力空母で運用を学んで、その上で原子力空母へ移行か。わりと堅実な計画だと思います。原子動力炉を建造する技術的ノウハウは原子力潜水艦の建造で取得済みだし
まあ、何にせよこちらも結構本気なのだろうなあ。

ちなみにウリヤノフスク級空母
確かに、中国の図面入手というウワサはありますな。早期警戒機Yak-44Eが運用出来るのがミソだね。
あとウリヤノフスクについては、こことかこことか。

北朝鮮、脅威のメカニズム

2009.02.13(13:14)

北朝鮮、ふた付き特殊列車でミサイル輸送
【朝鮮日報】
>北朝鮮は弾道ミサイル「テポドン2号」の発射に向け、米偵察衛星など韓米の情報当局による追跡
>や監視を避けるため、上部をふたで覆った特殊な貨物列車を新たに投入し、ミサイルを咸鏡北道
>の舞水端里ミサイル実験場まで運搬していることが12日までに分かった。
>
>
特殊貨物列車はテポドン2号の1段目と2段目のロケットと部品を一度に運べるようにするため、長さ
>が通常の貨物列車(20メートル余り)の2倍の40メートルに達するという。上部には開閉式のふたが
>付いており、米偵察衛星などが空から貨物列車の中身を観察しにくいようにしてある。これまでテポ
>ドン2号のロケットは一般貨物列車で外部から見える状態で運ばれていたため、米偵察衛星が容易
>に動きをつかむことができた。また、平壌郊外の屋根に覆われた工場に列車が直接入り、ミサイル
>を積載しているため、韓米情報当局はミサイルの大きさなどの具体的データを把握しにくい状況だ
>という。
>
>
韓米情報当局は、北朝鮮が現在、舞水端里ミサイル実験場の建物内でミサイルを組み立てており、
>準備時間を考えると早ければ25日の李明博(イ・ミョンバク)大統領の就任1周年前後に発射が可能
>だとみている。
>
>
韓国政府の消息筋は「舞水端里の実験場に運ばれたテポドン2号ミサイルは、まだ発射台付近には
>姿を見せていない。現在は1段目と2段目のロケットの組み立て作業を行っているとみられる」と語っ
>た。組み立て作業後もミサイルの発射台への移動、発射台への設置、液体燃料注入などが必要に
>なるため、16日の金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日までに発射するのは事実上不可能で、
>発射可能時期は25日ごろになるとみられている。同実験場では、発射準備を行っているとみられる
>人や装備の活発な動きがとらえられている。

ひさびさに、北朝鮮脅威のメカニズム来ましたねっ! 全長40メートルのテポドン2号専用貨車ですよっ!  ロシアにもICBM専用貨車というのがありましたが、アレは鉄道軌条上からの発射を考慮した構造のものだったので、それを考えるとこちらの方が技術レベルは低いです
しかしこれで、輸送中は逆に目立ったと思うのですが、何で一時ロストするかな?>米軍偵察衛星
まあ何にせよ、2年の間にこんな物を造ってしまったわけですから、今度の発射に向けての北朝鮮の本気度がうかがい知れます。
それとは別に、時を同じくしてこんなニュースが。

突然「宇宙の平和理由」に触れた北…光明星2号?
【中央日報】
>
長距離弾道ミサイルの発射準備を進めている北朝鮮が突然「宇宙の平和利用」に触れ、発射に
>向けた「地ならし」ではないかという見方が出ている。
>
>
北朝鮮・朝鮮労働党の機関紙「労働(ロドン)新聞」は今月7日「宇宙を平和的に利用する権利は
>どの国にもある」とする論評で「北朝鮮も国際社会の一員として、宇宙科学技術の競争に堂々と
>加わる権利がある」とし「北朝鮮が宇宙の平和利用に進むのを防げる力はどこにもない」と強調し
>た。また「現在北朝鮮の科学者、技術者は、宇宙の平和利用に向け、事業を積極的に進めている」
>と明らかにした。
>
>
北朝鮮が掲げた「宇宙利用」が注目を集める理由は、北朝鮮が98年8月に長距離弾道ミサイル
>「テポドン1」を発射した際、人工衛星「光明星(クァンミョンソン)1号」の打ち上げに成功したと発表
>したからだ。当時北朝鮮は「衛星の保有は自主権の行使だ」と主張した。
>
>
専門家によると、長距離弾道ミサイルや飛行体(人工衛星)の発射も内容は同じだ。ミサイルに核
>弾頭を搭載すれば大陸間弾道ミサイル(ICBM)になり、衛星を搭載すれば人工衛星飛行体になる。
>しかし長距離弾道ミサイルを打ち上げた後、人工衛星だと発表すれば、北朝鮮としては国際社会
>の圧迫に対応できる名分を作りながらも、長距離弾道ミサイルの技術力を披露する効果を得ること
>になる。
>
>
韓国国防研究院の白承周(ペク・スンジュ)博士は12日「北朝鮮がミサイルを発射した後、これを
>“光明星2号”だと強弁する可能性が高い」とし「米国の警告に取り組むロジックとして使える上、来週
>から▽金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の誕生日(16日)▽金正日政権・第3期体制のスタート
>(3月8日に最高人民会議代議員選挙)--など金委員長を浮上させる‘祭り’が続くからだ」と説明
>した。
>
>
光明星は故金日成(キム・イルソン)主席が金委員長に与えた雅号だ。柳明桓(ユ・ミョンファン)外
>交通商部長官はこの日「ミサイルを発射して受けることになる制裁を踏まえれば、決して北朝鮮にと
>ってプラスにならない」とした後「ミサイルの発射は06年の国連安全保障理事会の決議に違反し、
>北朝鮮が自ら孤立を招くことになるだろう」と警告した。

 まだこのニュース、残念ながら北朝鮮側が光明星2号の名前を使ったわけじゃないんだよなあ……。でもまあこれで、マジに衛星打ち上げの可能性も高くなって来たということだわね。

宇宙は大ヘンだ。(その2)

2009.02.12(14:08)

なんかもう、宇宙関係の話題がHOTです。

米露の大型衛星同士が宇宙で衝突…大量の宇宙ゴミ発生
【読売新聞】
>米メディアによると、日本時間11日未明、シベリア(ロシア)の上空約800キロ・メートルで、
>
2基の人工衛星が衝突し、多数の破片が宇宙空間に散らばった。
>
>米航空宇宙局(NASA)によると、衛星同士の偶発的な衝突は、50年以上にわたる宇宙開発
>の歴史上、初めての事故。NASAは、高度約400キロ・メートルを周回する国際宇宙ステー
>ション(ISS)や、様々な衛星などへの影響を分析している。
>
>衝突したのは、米イリジウム社が1997年に打ち上げて運用中だった衛星電話用の通信衛星
>と、ロシアが93年に打ち上げて運用を停止していた通信衛星。AP通信によると、イ社衛星は
>560キロ・グラム、露衛星は1トン近い重さだった。NASAジョンソン宇宙センター(テキサス州)
>で軌道上の破片監視を担当するニコラス・ジョンソン氏は、「過去の経験からして、大きな破片
>だけでも数百個、小さな破片はもっとあるだろう」と推測する。
>
>破片の大半は衝突が起きた高度付近で雲のように集まって動いているが、一部はより高い軌
>道や低い軌道へも飛散しているとみられる。破片によっては、地上へ落下するまでに数十年、
>軌道上を漂う可能性があり、他の衛星などとの再衝突が懸念される。
>
>ただ、若田光一飛行士が間もなく長期滞在に入るISSへの影響について、ジョンソン氏は「真
>っ先に分析したが、極端な危険はない。(若田飛行士をISSへ運ぶ)次のシャトルにも影響は
>ないだろう」と話している。
>
>◆イリジウム=高度780キロ・メートルに配備した66基の人工衛星を利用した米国に本拠を
>おくデジタル衛星携帯電話サービス。北朝鮮とスリランカの一部を除いた全世界をカバーし、
>平地だけでなく、海上や山岳地帯でも利用できる。運営会社は今回の事故によるサービスへ
>の影響はない、としている。

イリジウム携帯って、まだ営業してたんですねえ(営業やめるとかいう話は日本だけでしたっけ?)。
しかし、ロシアの方は運用停止中のコスモス偵察衛星だって話だけど、軌道変更は出来なかったんでしょうかねえ?

「まいど1号」地球の撮影に成功
【読売新聞】
>1月23日に打ち上げられた東大阪宇宙開発協同組合の雷観測衛星「まいど1号」が、高度666
>キロの日本上空からの撮影に成功した。
>
>青い地球に関東以西の太平洋側と中国、四国、九州地方がはっきりと写っている。
>
>まいど1号は、大きなトラブルもなく、機体の姿勢制御や太陽電池の発電量の監視など、3月に
>予定している雷観測実験に向けて準備を進めている。
>
>画像は今月2日、宇宙航空研究開発機構と電子機器メーカー「シキノハイテック」(本社・富山県
>魚津市)が開発したカメラで撮影した。今後も月などの天体を写したり、別カメラで機体を撮影し
>たりする予定だ。
>
>同協同組合は「予想以上にきれいに撮影でき感激している。地元小学校に提供し、子どもたちに
>夢を与えたい」としている。

こちらはひさびさの日本の明るい話題。こちらも初めてまいど1号のカメラ画像を見られたので感動。巻史郎、完全にはったりだよね。

北朝鮮、テポドン2号発射に必要な設備を運搬中か

2009.02.12(00:11)

【聯合ニュース】より
>北朝鮮が咸鏡北道の舞水端里基地に長距離弾道ミサイル「テポドン2号」と推定される物体を運搬
>したのに次いで、発射に必要な設備も運搬していることが分かった。
>
>政府のある消息筋が11日、「平壌近くの軍需工場から、ミサイル発射に必要な設備を積んだ車両
>が舞水端里基地へと移動している。発射準備作業を段階的に進めているものと分析される」と明ら
>かにした。これらの設備を使い、ミサイルを組み立てて発射台に装着し燃料を注入するなどの作業
>を実行する可能性があるとした。
>この消息筋は、車に積まれた設備は気象観測レーダーかミサイル弾着地点を追跡する精密追跡
>レーダーの可能性があるとしながらも、まだ公開できるような情報水準ではないと話す。現在の作
>業速度からすると、1カ月以内に燃料注入が可能との見方を示した。

まず先に、その後の報道発射地点はいつもの咸鏡北道舞水端里基地である事が判明しています。
初期報道は、アメリカの偵察衛星列車輸送中のテポドン2号を追跡していた模様です。

さてこの記事で大変興味深いのは、車載型精密追跡レーダである可能性のある何らかの車載装置を運び込んだという事。
もし本当に車載型精密測定レーダだとすれば、最新型のX-バンドレーダ、もしくはそれに相当するレベルのものが運び込まれたという事になりますな。もちろんその通りならば、ミサイル実験の可能性が高くなります。
このニュースが発表されたのは11日ですが、たった6日間飛翔体の発射台据え付け、燃料補給、発射までを行うのはいささか苦しい(本来は、それぐらい出来なければ兵器として有効なものではありません)ので、この進行具合から行けば発射は4月16日か4月25日の可能性が高くなってきましたね。

宇宙は大ヘンだ。

2009.02.11(00:15)

とは言っても、日本国内は良くないニュースばかり……。

月の裏側に12日落下へ=かぐや子機のおきな-宇宙機構
【時事通信】
>宇宙航空研究開発機構は10日、月探査衛星「かぐや」の2基ある子機のうち、リレー衛星「おきな」
>が日本時間12日夜に月の裏側に落下するとの見通しを明らかにした。おきなはかぐや打ち上げか
>ら約1カ月後の2007年10月に親機から分離され、親機と連携して月の裏側の重力分布を世界で初
>めて直接観測した。
>おきなは八角柱形で、重さ約50キロ。当初は月面から高度100-2400キロの細長い楕円(だえん)
>軌道を周回していたが、月面に近い方の高度が徐々に低下し、最終的に月面の高地に衝突して壊
>れる見込みとなった。
>宇宙機構によると、かぐや同様に月を周回中の中国の探査衛星「嫦娥」やインドの同「チャンドラヤ
>ーン1号」に衝突を観測してもらう予定はない。おきなは小さいため、かぐや親機で落下後の機体を
>撮影できるかは分からないという。

重力分布は、どのくらい観測できたんだろうねえ? 十分な観測が出来ているといいんですが。

<人工衛星>オーロラ観測衛星「かがやき」行方不明に 夢乗せた子供たちやきもき
【毎日新聞】
>鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから1月23日、打ち上げられたH2Aロケット15号機に
>搭載されていた民間公募など小型衛星7基のうち、オーロラ観測衛星「かがやき」が行方不明とな
>っている。障害がある宮崎県や長野県の子どもら約260人の手形も積んでおり、関係者は「楽しみ
>にしている子どもたちのためにも、発見に全力を尽くす」と衛星との交信を試み続けている。
>
>「かがやき」は、ソフトウエア会社「ソラン」(東京都港区、千年正樹社長)が開発した。30センチ四
>方で、重さ20キロ。同社は約10年前から障害児や家族の支援をしており「障害のある子どもたち
>に宇宙に興味を持ってもらいたい」と、軌道離脱用パラシュートに子どもたちの手形を押した。
>
>予定では、観測を終えるとパラシュートを開いて大気圏に突入する。搭載したカメラで地球を背景
>に手形を記念撮影し、画像を地上に電送した後、衛星は大気との摩擦で燃え尽きる。
>
>23日は、260人の代表の子ども2人が見守る中で打ち上げられた。小型衛星は、メーンの温室
>効果ガス観測技術衛星「いぶき」の分離後、順次切り離された。
>
>衛星が正常に軌道投入されたかどうかなどの確認は、地上でそれぞれが放つ電波を受信するし
>かない。東大阪市の中小企業などが作った「まいど1号」など6基は、打ち上げ当日、受信に成功
>した。
>
>ソランによると、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の発表で「いぶき」軌道上に8基の人工衛
>星が確認されている。ソランの担当者は「軌道投入には成功しているが、トラブルで太陽電池パ
>ドルの展開に失敗し、電波が微弱なのだろう」と推測する。
>
>東京都、長野県、宮崎県の3カ所からアマチュア無線での交信を試みると共に、太陽電池パドル
>の展開を指示する信号を送り続けているという。

まあ、6基もあると1基ぐらいは失敗するかもなあとは思っていたんですが……。

インド、2015年を目標に独自の有人宇宙飛行を実施へ
【テクノバーン】

>インド宇宙研究機構(Indian Space Research Organization)のG・マドハバン・ナイール(G.
> Madhavan Nair)局長は9日、記者会見を行い独自開発の
有人宇宙船を用いて2015年をメドに有人
>宇宙飛行を実施する計画を明らかにした。 
>
>ナイール局長によると、有人宇宙船は帰還モジュールとサービスモジュールの2つのモジュール
>から構成された3人乗りのものとなる予定で、低軌道上で7日間に渡ってミッションを遂行すること
>ができるものとなるとしている。
>
>打上げ用の有人ロケットには今年か来年中の初打上げで現在、開発が進められている大型ロケ
>ット「GSLV-III」を用いるとしている。
>
>インドが現在開発中の「GSLV-III」は静止軌道上に4トンの物資を投入可能な、日本のH2A-202
>型ロケットとほぼ同じ能力をもつ大型ロケットとなるが、打上げコストは2000~3000万ドルで日
>米欧のオペレーターが運用を行っている大型ロケットによる打上げコストの半分以下になる見通
>し。
>
>インドは最近まで宇宙開発の分野では目立った動きはみせてこなかったが、2000年以降は独
>自開発の国産ロケット「PSLV」を使って国際商業打上げの分野に参入。
>
>2008年10月には更に「PSLV」を使って同国としては初の月観測衛星「チャンドラヤーン1
>(Chandrayaan-1)」の打上げに成功するなど、近年、中国と並んでもっとも宇宙開発での進歩が
>めざましい国となる。
>
>実際にインドによる有人宇宙飛行が実現するかどうかはまだ判らないが、仮に実現した場合に
>は米露中に次いで世界で4番目に有人宇宙飛行を成し遂げた国となる見通しだ。
>
>画像左は今回、ナイール局長は有人ロケットへの利用を示唆した現在開発中の「GSLV-III」ロ
>ケット。画像右はほぼ同等の能力を持つ日本の「H2A202」ロケット。

インドの有人宇宙飛行計画キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 
もう、日本は一体何をやってるんでしょうねえ?

LRAD

2009.02.09(02:26)

 

これが現在、日本の捕鯨船がシーシェパード相手に使用中対人攻撃音波兵器LRADです。
もちろん、警告兵器としては最強の部類というだけで、使い方を誤らなければ死傷者は出ませんので違法物件ではありません。

まあ、拡声器の大がかりな奴と考えればいいと思います。
同様の発想には、古くはドイツ空軍の対空音波砲があります。
しかしねー、もっとポピュラーに言っちゃうと、これを超音波にして殺傷能力を付ければフォノンメーザー砲ですね。
フォノンメーザー砲と言えば、古くはSAFのシーマリン号に搭載。もうちょっと新しいと、ジオン軍の水中戦用モビルスーツ・ゾックに搭載されていたものですね。

ひょっとして北朝鮮は究極のマイペース国家なのでは?

2009.02.03(14:24)

今朝から報道されているテポドン2号発射準備の件ですが、実は今回の射点去年の9月中旬に建設が発見された朝鮮半島西側の新発射施設で行われています。

で、実はこの建設が始まった時期というのが、金正日首領様が脳卒中で倒れたというウワサが広まった時期にぴったり符合するのですわ。
それでこれ、ひょっとするとなんだけど、以下のようなやりとりが北朝鮮首脳内であったのではないか?

側近A「首領様が脳卒中でお倒れになった。今度は危ないかもしれん」
側近B「何か、首領様を元気付けられる、良い方法はないものか……」
側近C「そうだ、ロケットを打ち上げよう!」
側近A「ロケットだと……。10年前にも2年前にも失敗したではないか!」
側近C「だからこそ今度は成功させるのだ」
側近B「なるほどロケットか。それは面白い」
側近C「今度はロシアにも配慮して、新射点を半島の西に建設してだな……」
側近B「どうせなら極軌道に向ければ、南の奴らの度肝を抜く事が出来るな」
側近A「解った。まずは新射点の建設からだ!」

かくして計画は、病床の金正日に伝えられる。
この病を克服したら、次の首領様の誕生日(2月16日)にはロケットを打ち上げ、国民を挙げてお祝いすると……。

かくして計画は承認され、新射点の建設が始まり、ロケットを見たい一心の首領様の病状は一気に快方に向かい……。

とどのつまり、北朝鮮って究極のマイペース国家なんじゃねーか? 国際情勢なんて、あの国にはどうでもいいのかも。

北朝鮮がテポドン発射準備 米偵察衛星確認 改良型の可能性

2009.02.03(09:32)

産経新聞より
>北朝鮮が、核弾頭を搭載可能な長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射準備を進めている
>ことが2日、分かった。複数の政府筋が明らかにした。米国などの偵察衛星が発射準備とみら
>れる動きを確認しており、1~2カ月中に発射準備が完了する可能性が大きい。北朝鮮は日本
>や韓国の対北強硬姿勢に強く反発しており、対抗措置としてミサイル発射準備を進めていると
>みられるが、万一発射すれば、国際世論の反発は必至で、6カ国協議の行方にも大きな影響
>を与えそうだ。
>
>複数の政府筋によると、米などの偵察衛星が、北朝鮮北東部の平安北道東倉里で新たに建
>設中のミサイル発射施設に複数のトラックが頻繁に出入りしているのを確認。ミサイルを格納
>する大型コンテナも運び込まれていることが分かった。コンテナなどの大きさからミサイルは、
>テポドン2号と同等以上のサイズとみられる。
>
>すでに北朝鮮は昨年秋までに発射施設でエンジンの燃焼実験を行っていることが確認されて
>いる。北朝鮮のミサイルは液体燃料を使用しているため、発射台への設置や燃料注入にはか
>なりの時間を要するため、発射は早くても1~2カ月先になる可能性が大きい。
>
>テポドン2号は北朝鮮が独自開発した弾道ミサイルで、1段目に新型ブースターを登載し、2段
>目には旧ソ連が開発した短距離弾道ミサイル「スカッドC」を改良したノドンを使用しているとさ
>れる。射程は約6000キロで、米国のアラスカやハワイ周辺まで到達するとみられている。
>
>今回のミサイルはテポドン2号の改良型である可能性もある。改良型ならば射程は1万キロに
>達するとみられ、米本土も射程圏に入るとされる。
>
>北朝鮮は、韓国・李明博政権の対北強硬姿勢に反発を強めており、先月30日に朝鮮中央通
>信は祖国平和統一委員会の声明として「北南間のすべての政治・軍事的合意を無効化する」
>と伝えた。麻生政権も「核、ミサイル、拉致問題が包括的な解決が国交正常化の条件」との立
>場を崩さず、対北経済制裁を続けている。
>
>北朝鮮は平成5年5月29日、日本海に向けてノドンを発射。18年7月5日にはテポドン2号や
>ノドンなど7発のミサイル発射実験を実施した。テポドン2号は空中分解し、実験は失敗したが、
>国連安保理は7月15日、全会一致で非難決議を採択し、ミサイル発射再凍結を求めた。

ここのタイミングで来ましたか。国際情勢的にはアメリカは大統領の交代で体勢が固まっていませんし、韓国とは先日南北合意を破棄しましたから、北朝鮮的には隙があると踏んだのでしょう(日本については、アウト・オブ・眼中なんでしょうね)。
さてここで、懸命な方は把握していらっしゃると思いますが、1998年のテポドン1
号打ち上げ人工衛星「光明星1号」の打ち上げ失敗というのが真実です。打ち上げ方向その他の事象から判断して、確かに人工衛星は用意されていました。3段目の切り離し時に何らかのトラブルがあって失敗したところまで、把握していらっしゃる方はちゃんといらっしゃいます。
今回のテポドン2号ロケットなのかミサイルなのかは現時点では分かりませんが、テポドン1号打ち上げの時ようにミサイルと決め付けるのではなく、ロケットの可能性もあると考えて対応するべきです(あの時は、ミサイルと位置付けて日本の世論を煽ろうとした人達がいたのも事実です)。
ところでテポドンと言えば、北朝鮮の祝い事に合わせて打ち上げられるのがセオリーなんですが、2月16日金日成総書記の誕生日となっています。国民を挙げて偉大なる首領様の誕生を祝う日ですので、今回の打ち上げ日はまず間違いなくこの前後一日なんでしょうね。


めめんともり その4

2009.02.01(22:37)
めめんともり その3は、書いたけどデータが飛んじゃったので欠番です。

しかしまあ、登場させなきゃツッコむ気も起きないのに、性懲りもなく登場しますなあめめんともり
アフリカを攻撃出来る2号機が出て来ちゃいましたが、どう考えてもオービタルリング上のバランスを取る都合上もう一基ないとおかしいよね。
おそらくもう一基中東が地球の裏側になる位置(つまり中東を攻撃出来ない位置)になければおかしいんだけど、果たしてそこまでこの作品のスタッフは考えているのやら?
たとえば反射衛星のようなものを隠し球にしておいて本編に登場させられれば優秀(ただしこのスタッフは、種とデス種に妙な対抗意識を持っているのでデス種のレイクイエムの真似事はしたくないはず)、ガンダムエース「ガンダムOOF」に登場させればまあ良し、どこにも登場しなきゃ無能としか言いようがない。
さて、どうなる事か?

それはさておき、今回の話メメント・モリ持って来て軌道エレベータ壊す意味って何だったんだろう?
あの世界で軌道エレベータが崩壊すれば、低軌道リング他の2本の軌道エレベーター無事で済むはずがないんだけど。あんな軌道エレベータの下部都市だけが被害を受けて、それだけで済むわけがないじゃないか。
そもそも、メメント・モリ1号機が低軌道リング上でエネルギー爆発を起こした時点低軌道リングの崩壊が起きない方が不思議であり、逆に言えば低軌道リングの崩壊が起きるという前提で話を展開出来なかった時点で、脚本家もこの番組のSF考証も(そしてもちろんそれを監督する人間も)、中学校の理科からやり直せと言わざるを得ない。

そこに加えて、今回の展開である。
まず、メメント・モリ2号機を持って来て軌道エレベータを崩壊させれば、ふつうは

軌道上の構造物全体の崩壊が発生

します。3本しかない大黒柱の1本を崩壊させれば、屋根の崩落が起きる事は小学生でも解りますよね。この作品の脚本家とSF考証と監督そんな簡単な事も理解していないようです。
もちろん、どんな極悪な独裁者でも、地球そのものに未曾有の大惨事が起きるような凶悪な作戦は命令しませんし、命令される方もふつう良心がありますから、そこまで凶悪な命令には従うはずがありません
たった1本の軌道エレベータを占拠したテロリストを(民間人を巻き込んでも構わないという前提で)掃討するにはどうすればよいか? そんな事は極めて簡単で、しかもメメント・モリなんか持って来て、軌道エレベータを壊さなくても出来るんです。
それは、どうすればいいか? 軌道エレベータの制御中枢を乗っ取って高層の部分を真空にするか、軌道エレベータ内で化学兵器を使用するかすればいいんです。特に化学兵器は、ガンダムではジオン軍も使用した伝統の兵器ですので、ガンダムという作品では使っても何も問題なかったんじゃないでしょうか?
にも関わらずこの作品のスタッフは、あとの事をまったく考えずメメント・モリ2号機軌道エレベータを崩壊させてしまった。しかも、それによる被害

崩落した軌道エレベータの外壁で下部都市が被災しました

程度で済ませようとしている。ふざけないでいただきたい
今回のこの話は、

「逆襲のシャア」のオマージュやればかっこいいよね

程度の思いつきでしか考えてないだろう?
その結果、物理法則までねじ曲げて、作品を創る側がキレイ事で済ませられるレベルで話を収束させようとしているのが見え見え。ここまでキレイ事で通そうとすると、見ていてはっきり言って

気持ち悪い!

わ、このエセ平和主義者どもがっ!

ついでに、解ってないようだからあえて書いておくけど、軌道エレベータの外壁を包むあれだけの量の構造材を砲撃で破砕すれば、この時発生した半端じゃないチリで気象異常が発生しても何の不思議もありませんから破片を砕いたからといって、落下した質量落下による加速度は半端じゃないからたとえ破片でも音速超えてるはずなんだが。下部都市に住んでる人間にとっては、ちょっとした岩程度の破片でも大惨事なんだけどね? 理解してんの?
あんた達のキレイ事のレベルでも、こうよ。ましてや本来起きるはずの(制作側が無視しようとしている)物理破壊レベルなら、地球人類が滅亡しても不思議じゃないんだっつうの! そんな惨事が起きかねない軍事作戦を、たとえ相手が地球の独裁を企む組織の指揮官でも、地球上に住む人間である以上命令を承伏し実行する段階で、何も考えてないか、とことん頭悪い(断じてほめてない)かどっちかじゃないの? 撃った方も無事で済むわけがないんだし。それともあのマヌケ指揮官は、バンザイアタックの特攻志願者だったのかしらん?(そんな描写もなかったハズだけど)

あーそれから、だぶるおーらいざー大気圏内からとらんざむして超巨大びーむさーべるめめんともりをぶったぎってましたが、あれが出来るんなら

なんでめめんともり1号機の時に同じ事やらなかったの?

あの作戦いらねーじゃん。最初に「かっこいいしちゅえーしょん」ありき後の整合性を考えないからこうなっちゃうのよね。もちろん二回も低軌道リング上でエネルギー爆発が起こっているわけだから、今度こそ低軌道リングは崩壊しなきゃおかしいんだけど?
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。