2008年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 週刊ビッグコミックスピリッツ「日本沈没」が、またやってくれました!(04/29)
  3. コードギアス反逆のルルーシュ第4話『逆襲 の 処刑台』(04/27)
  4. マクロスF第4話「ミス・マクロス」(04/26)
  5. 大阪市立科学館、「学天則」を動態復元~80年前の「人造人間」が復活 (04/26)
  6. あー、失敗した。(04/23)
  7. ミリクラ、やっぱりダウト!(04/23)
  8. 今月のミリタリークラッシックに、ダウトらしきものを発見!(04/21)
  9. コードギアス反逆のルルーシュR2第3話 『囚われ の 学園』(04/21)
  10. スーパーロボット大戦Z、参加作品決定!(04/19)
  11. マクロスF第3話「オン・ユア・マークス」(04/19)
  12. ネタ画像写真館(西暦2005年撮影)(04/18)
  13. 英王立協会会長、ヨーロッパは無人宇宙探査に専念すべき(04/18)
  14. コードギアス反逆のルルーシュR2第2話『日本 独立 計画』(04/13)
  15. 模型の話(主にアニメ系)(04/13)
  16. マクロスF第2話「ハード・チェイス」(04/12)
  17. コードギアス・反逆のルルーシュR2第1話「魔神 が 目覚める日」(04/06)
  18. 春の番組改変期「トミカヒーロー レスキューフォース」(04/06)
  19. マクロスF第一話「クロース・エンカウンター」(04/05)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

週刊ビッグコミックスピリッツ「日本沈没」が、またやってくれました!

2008.04.29(09:32)

さてさて、全国の「日本沈没」が大好きな皆様ビッグコミックスピリッツの最新号はご覧になりましたでしょうか? 一色登希彦版「日本沈没」が、またやってくれましたよ!

樋口監督の平成版「日本沈没(しない)」に、ケルマディック分が不足していることは以前書きましたが、ビッグコミックスピリッツ最新号一色版「日本沈没」には、なんとっ!

ケルマディック2を機首下部に搭載したMV-22オスプレイ改

登場しているじゃないですか! これははっきり言って、

平成版おおくに

ですよっ!!

一色先生、ホントにやってくれますねえ。ケルマディック分を補完してくれるだけでも有り難かったのに、おおくに分まで補完してくれるなんて……。一色版「日本沈没」には連載終了までとことん付き合わせていただきますよっ!

しかしまあ、普通のデザイナーならばケルマディック2の搭載位置機体後部にするんだろうけど、あえて機首下部にするところが豪快だなあ。十分な空中バックアップオペレーションスペースを確保した上で、満載搭載時のバランスの悪さ小野寺(小野田)の腕でカバーといったところでしょうか。

スポンサーサイト

コードギアス反逆のルルーシュ第4話『逆襲 の 処刑台』

2008.04.27(22:11)

今回は本当に、あそこまで完膚無きまでにロロを手玉に取ると、

見ていて本当に清々しいです(笑)

(OOに足りないのは、この爽快感。そして、たったの4話でキャラを立てちゃうテクニック

これで次回からロロは、イヤでもルルーシュ(ゼロ)の共犯者を、ヴィレッタにバレないように演じなければいけなくなったわけで。しかも、ボロゾーキンになるまで使い倒すなんて言ってますから。

ホンマ、相変わらず凄いわこの悪党っ!

と言いたくなります。

さすがにギルフォード教オレンジくんの二の舞になることはなかったけれど、ダールトンJr、親子共々手玉に取られて不憫じゃのう。

さて、中華兄ちゃんがかなりの野心家だったようなので、この後いったいどう動きますか。

しかしまー、租界の構造ブロック崩すの好きだねえ(二度やったので、しばらくはないだろうけど)。

ロロを丸め込んだのもつかの間、アッシュフォード学園スザクは帰ってくるわ、他のナイト・オブ・ラウンズはやって来るわ、次回もどうなる事やらオレンジやらで、相変わらずとても楽しいです。

ところで、あらためてオープニングを見ていて気が付いたんですが、四聖剣の卜部さんと仙波さん最初からオープニングにいなかったのね。仙波さんも死亡フラグ確定なんでしょうか

マクロスF第4話「ミス・マクロス」

2008.04.26(20:35)

シミュレーターの難易度を何気にハイレベルに設定していじめている絶望先生ミハエルに(笑)

第8話まではオマージュ進行ということは分かっているので、お約束のミス・マクロスですね。丁度、戦闘シーンに合うように流れる、ランカの「私の彼はパイロット」がGJでした。

実は今日見るまで気が付いてなかったんですが、OPの学ランっぽいの着た青い髪のランカそっくりの嬢ちゃんゼントラーディ人のクラン・クラン大尉だったんですね。「どこのア○レちゃんだよ?」とか思ってたんですが。

いやあねえ、もう、

赤い色のクァドラン・ローって萌え燃えますねっ!

(wikipediaによると、クァドラン・レアというらしい)
まさかとは思うけど、クラン・クラン大尉マックスとミリアの娘とかいう話はないだろうなあ……。

個人的には

クァドラン・ロー、リボルテック化キボン!

バジュラはしっかり、ランカの歌に反応しているようです。しかしまあ、単体でフォールドアウトしてくる生物って、こいつどんだけレギ○ンやねん。

しかしまあ、ヌージャデル・ガーのキャノン砲は丈夫だなあ。

さあて次回はおそらく、シェリルを複座ヴァルキリーに乗せて宇宙に出て怒られる話ですかねえ。

大阪市立科学館、「学天則」を動態復元~80年前の「人造人間」が復活

2008.04.26(09:59)

学天則

インプレス Robot Watch によると、大阪市立科学館で復元作業が完了したとのこと。今年はDAICON7があるので、もののついでに見てきたいところ。

でも、くいだおれ太郎の件もあるので、6月には見に行くかもしれんなあ。


あー、失敗した。

2008.04.23(22:21)

ここ数日、自分がテンパってた事もあったんだけど、よく考えてみたら桜井英樹って、月刊「丸」とかで架空戦記まがいの記事書いてるあの桜井英樹じゃないか。
そもそも、桜井英樹の原稿といえば、虚実織り交ぜで書いてくるのが当たり前で、逆に言えば半分ウソ書いていて当たり前なわけで、記事の内容に信憑性が要求されないあの桜井英樹じゃないか。

普段なら桜井英樹の名前を見ただけで、「あっ、また雑誌にウソ記事書いてるよ。こいつは」で終わったんだろうけど、たまたまテンパってた時自分の研究対象をネタにされてしまったものだから、ついついネタにマジレスしてしまったよ。

というわけで、原稿を書いた人間が桜井英樹である限り、内容の半分はウソである可能性が高いです。逆に言えば、桜井英樹が書いている原稿信憑性はまったくなく資料的価値は全然ない駄記事ですので、くれぐれも今回のように、ウソが書いてあってもマジツッコミしないようにしましょう

もちろん、桜井英樹の書いた記事の内容を信じたりしてはいけません

ミリクラ、やっぱりダウト!

2008.04.23(06:24)

問題のミリタリークラッシックに掲載された桜井英樹氏のダイムラーベンツ・プロジェクトに関する記事ですが、ふと気になったので別角度から検証してみました。

まず前提として、桜井氏の記事本文にはこう書かれています(以下、原文のまま引用)。

>攻撃作戦がとれていた大戦前半期ならともかく、1943年に入ると連合軍による大反攻作戦が
開始される。
>領空を守る個別の航空艦隊は、各組織が分断される状況になってきた。
>従って、この親子計画機にも変化が起こり、当初の攻撃する戦術から、領空を守る防空へと
>シフトせざるを
得なくなった。数百機という規模で来襲してくる連合軍の爆撃機を、いかに領空外
>で叩き落とすかが重要課題となった。そこで、この巨人機の運用法として小型迎撃戦闘機や
>誘導弾などを多数懸吊して敵を迎え撃つ戦術が立案された。

この部分のポイントは、

1.1943年に戦術転換が図られた。

2.連合軍の爆撃機を、小型迎撃戦闘機で迎え撃つ戦術に方向転換した。

3.連合軍の爆撃機を、誘導弾で迎え撃つ戦術にも方向転換した。

ダウトです。

BvP.211.01

 この機隊が、ブローム・ウント・フォスBvP.211.01国民戦闘機ですが、そもそも国民戦闘機(フォルクス・イェーガー)計画1944年になって空軍が計画したものです。この記事を読んで、感じていた違和感の正体はこれでした。
 国民戦闘機計画に各メーカーが提出した設計案がまとめられたのは1944年の9月1943年に戦術転換を図って、ダイムラーベンツ・プロジェクト小型戦闘機を搭載しようとしても、

BvP.211.01なんて影も形も存在しません。

 読者にウソを教えてはいけませんねえ。

 ちなみに誘導弾の方は、ルールシュタール・クラマーX-4空対空誘導弾の完成1943年中頃なので、計画としてなかったとは断言しません。
 しかしながら1943年と言えば、フリッツX空対艦誘導弾ヘンシェルHs293空対艦誘導弾が連合軍やイタリアの艦艇相手に実際の戦果を挙げていた時期であり、空軍のエラい人の眼が何処にむいていたか推して知るべしと言えましょう。
 つまりこの部分は、連合軍の艦船に対艦攻撃を加える戦術に転換したのなら納得できるのですが、実績のないX-4空対空誘導弾の使用に戦術を転換したというのは、非常に眉唾な記述と言わざるを得ません。

今月のミリタリークラッシックに、ダウトらしきものを発見!

2008.04.21(22:27)

まあ、あんまり他人様の書いた原稿にケチは付けたくないんだけど、それがお世話になったことのある出版社さんで、さらには自分の研究対象とくれば、何をか言わないわけには参りません。

ミリタリークラッシックvol.21 118~119ページ もしも★WEAPON

今回のネタは、ドイツの空中空母ダイムラーベンツ・プロジェクトなんですが、すいません。

ダイムラーベンツ・プロジェクト機に、

ブローム・ウント・フォスBvP.211/01国民戦闘機

を搭載するって話

悪いけど初めて聞いたんだわ。

オイラもかなり、ドイツの試作計画機の資料は集めているつもりなんだけど、これ書いた人は悪いんだけど、

ソースを明らかにしてくれない?

検証したいので。

 記事を書かれた桜井英樹さんの文章には、そんな記述一つもないので、多分図版を書いた人か、キャプションを書いた人資料持ってるんだろうけど、そんな話初めて聞いたから何処に書いてあったのか教えて欲しいんだけど。

ダイムラーベンツ・プロジェクトA

 ちなみにこれが、ダイムラーベンツ・プロジェクトA6発のHeS021ターボジェットを持つキャリアと、BMW018ターボジェット2基のジェット爆撃機によりニューヨークを爆撃するアメリカンボンバー。これを見る限り、ミリクラの図版はちょっと変

ダイムラーベンツ・プロジェクトB

 これがダイムラーベンツ・プロジェクトBDB603発動機6発のキャリアーDBS06ジェットエンジン1基のジェット爆撃機によりニューヨークを爆撃するアメリカンボンバー。まあエンジンについては諸説紛々あるんだけど、ターボプロップって話は聞いたことがない

 ちなみに、子機としてフィゼラーFi103(有人V1)を搭載する話はウチの資料にもあったので、書いていても別に構わないんだけど、専用の子機として計画されていたダイムラーベンツ・プロジェクトEダイムラーベンツ・プロジェクトF特攻攻撃用の単座ジェット機(SO攻撃機)で、このキャリアーに戦闘機を積むという話も初耳だわね。

ダイムラーベンツ・プロジェクトE

 これがダイムラーベンツ・プロジェクトEダイムラーベンツ・プロジェクトBキャリアーに5機搭載する、HeS011ジェットエンジン1基を使用した単座特殊攻撃機

ダイムラーベンツ・プロジェクトF

 これがダイムラーベンツ・プロジェクトFダイムラーベンツ・プロジェクトBキャリアーに6機搭載する、BMW018ジェットエンジン1基を使用した単座特殊攻撃機

 今回の記事は、プロジェクトEプロジェクトF完全にオミットされてます。しかもまあ、Ⅰ案とかⅡ案とか、日本で勝手に名称付けてるし
 なんかもう、ひさびさに適当こいてる記事見ちゃった気がする。だいたいねえ、クルト・タンクの携わった機体に、リヒャルト・フォークトが出てくるって変じゃねえの?

コードギアス反逆のルルーシュR2第3話 『囚われ の 学園』

2008.04.21(00:12)

相変わらず、先の展開がまったく読めません。おかげで、毎度ワクワクしながら見ています。

マクロスFもそうですが、導入部に一作目のオマージュをちりばめる手法は、視聴者を物語に引き込む手段としてはかなり有効だと思います。
今回も結局、一作目のスザクの処刑黒の騎士団構成メンバーの処刑を相似させたりしてるわけで、おかげでまあ、またカレンの入浴シーンがおがめたわけですが。

今回は、アッシュフォード学園側の話だったのであんまり派手にというわけには行きませんでしたが、ナナリーをいなかった事にするために、ロイドさんとの婚約話がなかったことになっているミレイさんがtyっと可哀想でした。

しかしまあ最後に、ここまでピンチにしちゃって大丈夫なんだろうかと思わせるぐらいまでピンチにしちゃいましたが、この状況まで覆してしまうのがこの作品なんだよなあ。

スーパーロボット大戦Z、参加作品決定!

2008.04.19(19:22)

本日のスパロボイベントで、参加作品が完全に発表されましたが、うーん。ある意味、スーパーロボット大戦α外伝でしたなあ……(^_^;
まあ、時空振動弾で世界を崩壊させないと、これだけの世界はまとまりませんが。

では、参加作品とその感想を書かせていただきましょう。

◆新規参戦作品
 超重神グラヴィオン
 超重神グラヴィオン・ツヴァイ
 
まあ、アクエリオンが入るならこれは入って来るよなあ。声優のことを考えると……。

 創聖のアクエリオン
 射程距離∞の必殺パンチ
が遂に来ましたよっ! パイロットと合体パターンで、これは結構遊べそうです。量産型と、ケルビム・マーズも出るかな?

 オーバーマン・キングゲイナー
 
オーバーマンオーバースキルをどう表現してくれるかがポイントですね。 シンシアの味方化フラグは、ないとは言わせねえぞ。

 交響詩篇エウレカセブン
 303
とかスピアヘッドとか、いいメカがいるのでこの作品も今回の目玉か。アネモネの味方化フラグが、以下ry。

 宇宙戦士バルディオス
 
出来れば塩沢兼人さんがご存命の内に参戦させて欲しかったんですけどねえ。まあ、山崎たくみさんがいるからいいけどさ。

 超時空世紀オーガス
 
こんだけいろんな作品があると、時空振動弾使いたくなるよなっ! さて、オルソンは鈴置さんなんだけど、どうするつもりなんだろう。もちろん、アテナとオルソンの味方化ありだよね。室井深雪さんとか、ちゃんと登場させてください。
 ……で、02は?(それ、ないから!)

 宇宙大帝ゴッドシグマ
 寺田プロデューサー
の隠し球。そんなにゴッドシグマの超合金が欲しかったのか……。いっそ、超合金魂出せばいいのに。しかしまあ、こんな博士が敵に寝返るカオスな作品を今頃……。

◆参戦作品
 マジンガーZ
 
定番。今回はグレンダイザーがいるので、マジンカイザーはないだろう。

 グレートマジンガー
 
定番。今回も、ブラック・グレートありかしら?

 劇場版機動戦士Ζガンダム
 劇場版
なので、ZZは黒歴史かよ(笑) まあ、そもそも入ってるんですけど。んで、ブライトさんの声は誰がやるんだ?

 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
 メカ的
にはそれなりにいいものがあるので、参戦してくれると一つの楽しみにはなるよな。つか、ステラ味方化フラグはありですか? ザムザザーゲルスゲーは、ちゃんと登場させてほしいものです。

 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
 
ZZ飛ばして、逆シャアかよっ! 

 機動新世紀ガンダムX
 X
、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!  ひさびさのニート君登場だよっ!

 ∀ガンダム
 ∀
の風が吹いた。ギンガナム、クル━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 

 グレンダイザー
 
定番のファイナルダイナミックスペシャル要員。ユニットにマリンスペイザードリルスペイザーコズモスペシャルを登場させてくれたら何も言わねえっ!

 ゲッターロボG
 
定番のファイナルダイナミックスペシャル要員。ゲッター関係は、いろいろ期待してたんだけどねえ。

 THEビッグオー
 ショ━━━━(゚∀゚)━━━━タイムッ !!!!!
実は、PS2で見られるのは結構うれしい。ただ、ドロシーがいるのに、リリーナがいないのはちょっと寂しい。

 戦闘メカ ザブングル
 ぐはっ、きたよこれ。今年はザブングルの年だなあ。

 無敵鋼人ダイターン3
 破嵐万丈
の声は、誰がやるんだよぉ!

 無敵超人ザンボット3
 まあ、神勝平大山のぶ代さんってことは前もなかったので……。大山さん来たら、サプライズ人事なんだけど。

マクロスF第3話「オン・ユア・マークス」

2008.04.19(15:25)

実は、さる確実な情報筋から

第8話まではファースト・マクロスのオマージュ進行

だということを聞き及んでいたので、この3話目

ヒロインと閉鎖空間に閉じ込められる話

だというのも解っていたんですが、まさかああいった形で

マグロ(饅)

までサポートしてくれようとは……。この製作スタッフにはホント頭が下がります。つーわけで次回は、ミス・マクロスなんですね。

メカ的には、絶望先生もといミハエルのVF-25が狙撃する時に固定用アンカーを射出したのが秀逸でした。
それと、シティの死体までエネルギーとして利用するシステムな。

ところで気が付いちゃったんだけど、wikipediaのマクロスFの項目VB-6ケーニッヒモンスターが格納庫に置いてあったのはこの第3話で、クァドラン・ローが登場するのは第4話じゃねえの! 誰だよ、ネタバレ書き込んでる奴はっ!

ネタ画像写真館(西暦2005年撮影)

2008.04.18(20:06)

整備中のライナーガオー

 水陸両用整備装甲車でメンテナンス中のライナー・ガオー

【西暦2005年2月某日撮影】

ステルス・ガオー

新宿決戦で大破したステルス・ガオー

【西暦2006年1月某日撮影】

ドリル・ガオー

新宿決戦で大破したドリル・ガオー

【西暦2006年1月某日撮影】

英王立協会会長、ヨーロッパは無人宇宙探査に専念すべき

2008.04.18(09:20)

http://www.technobahn.com/news/2008/200804180132.html

むかしむかしのことじゃった。
えげれすというくにのえらいひとは、ゆうどうみさいるがあればなんでもできるとしんじこんでしまったんじゃ。
うみをはさんだとおくのくにを、ぼたんひとつでこうげきできる。
ぼたんひとつおせば、せめてきたひこうきもうちおとせる。
そしてひこうきをつくるよりも、はるかにやすいおかねでかいはつできる。
えげれすのえらいひとたちは、ひこうきをつくるのをやめて、みさいるばかりつくってしまった。
にんげんがじぶんのてで、ひこうきにのってそらをとぶことのたいせつさをわすれてしまったんじゃ。
にじゅうちかくあったひこうきのかいしゃはひとつへり、ふたつへり、きがつけばびーえーいーというかいしゃしかのこっておらなんだ。
ひこうきをつくっていたものは、たいはんがりすとらされ、それまでそだててきたぎじゅつはほとんどのこらなんだ。
じゃがの。けっきょく、りびあをせめるときも、ふぉーくらんどというしまをめぐるせんそうでも、かつやくしたのはひとをのせたひこうきじゃった。
そのけっか、えげれすはふらんすやどいつといっしょに、ひこうきをつくり、あめりかのひこうきをかわなければならなくなってしまった。
たしかにひとをのせないものでも、えられるものはたくさんあるかもしれん。
じゃがの。ひとがのってはじめて、てにはいるものもある。これはそういうむかしばなしから、なにもまなばなかったもののおはなしじゃな。

コードギアス反逆のルルーシュR2第2話『日本 独立 計画』

2008.04.13(18:53)

いやはや、もう見事だわ。

前半2話を話の下敷きにしつつ、あの日神根島で何があったかと、ゼロの復活を世間に知らしめるところまできっちり描き切っちゃうもんなあ。
やっぱりゼロに、サザーランド乗っ取られるし、
バカ強い量産型ランスロットが来るし、
とどめにカラレス総督死んじゃうし。

しかしまあ凄いのは、皇帝ワカモトですよ。

ぬぁんじゃ、あのダブルギアスは!

ありゃ、反則だよなあ……。
つまり、C.CV.V以外に確実にもう一人、ギアス能力を授けられる奴がいるってことだよねえ。ロロにギアスを授けた奴は、V.Vかそれとも……。

それと、量産型ランスロット。肘になんか特殊兵装付いてますね。あんなもん使いこなせるのは、よっぽど身体能力に長けた奴なんですけど。ちなみに、瞬間移動の方はよく解んないすね。アレがロロのギアス能力の一端なのかな?

四聖剣卜部さん退場。いやあ。ホント、四聖剣は漢だねえ。
中華連邦の人、さっそくギアスかかってるし。

でもまあ、今回の一番のキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! は、

ニーナ・アインシュタイン

でしょう。原子爆弾も健在なんだねえ。

模型の話(主にアニメ系)

2008.04.13(09:58)

と書いて、真っ先に、「すわ、R3 1/100ウォーカーギャリアの話か!」と思った人、ごめんハズレ

最初に書いておくと、1/100ウォーカーギャリアは買いません。これを出すなら超合金魂は売らないでほしかった!
つか、あの当時。ワシにとっては1/100ウォーカーギャリアよりも、ドランタイプが発売されなかった怨みの方がよっぽど深かったのですよ。超合金魂ウォーカーギャリアのオマケにドランタイプが出てしまった時点で、こちらの欲求は充足されてしまいました。そりゃあ、レッグタイプほしいけどさ。

前置きはここまで。
いやあ。発売されましたよスローネ・ドライ。実は、OOのモビルスーツじゃあスローネ・ドライが一番好き
いいじゃないですか、この防御に特化したコンセプト。スローネ三機中、一番ガンダムらしくない面構え
話を造ってる側がスローネの良さを解ってないんだから、お話になりません。スローネ3機が中ボスだった方が、よっぽど納得したんですけどねえ。ったくもう、あの金色ジムはなんだったんだろう……。
ぜひともスローネは三機そろえて、劇中でまともに撃たせてもらえなかったGNハイメガランチャーを再現してもらいたいですね。

それともう一つ。待ちに待ってた紅蓮弐式! こいつが出るのは一年待ってました。
それでまあ、中を見てみて思ったんですが。バンダイのコードギアスのメカニックコレクションって……。

ホントに1/35?

いや、おそらくナイトメアフレーム本体は1/35なんだろうけど、中の人のフィギュアがどう見ても1/48にしか見えないんだけど……。
箱に1/35なんて書いてあったら、タミヤのMMのフィギュア並みの大きさのカレン・シュタットフェルトが付いてるの、どうしても期待するじゃないですかっ!
そもそもバンダイにはU.C.H.Gというシリーズがあって、あれのフィギュアはちゃんと1/35のランバ・ラルとか入ってるわけだし。

絶望したっ!

絶望したっ! テキトーなスケールに絶望したっ!!

まあ、紅蓮弐式単体の出来は、もちろんいいんですけどね(ただ、降着状態時の首収納ギミックは欲しかったなあ)。

あとはようやく、ドラゴン1/72のM4シャーマンMk.5”チューリップ”を買いました。砲塔の横に60ポンドロケット弾が付いているタイプですね。
60ポンドロケット弾の出来があまりにも良すぎるので、ドラゴンは1/72のホーカーテンペストを発売するようにっ!

マクロスF第2話「ハード・チェイス」

2008.04.12(16:08)

これでようやく気が付いた方もいると思うが、しばらくコードギアスの感想ツートップ体勢になります。

んで、マクロスF第2話アルトVF-25に乗ってランカ・リーを助ける最中にシティドームの機密漏れが発生して、ランカを空中で助けるところが最初のマクロスのオマージュさせているわけですが、作画レベルがもはや半端じゃないのですよ。
昔、AAAという本を作ったときに、万能力作驚愕艦カナヤゴカーペンターズが何体いるか静止画で確認するというムダな努力(笑)をしたりしたこともありましたが、この作画レベルのシロモノ放映されたものを録画したクオリティで静止させて再確認するのは嫌すぎるなあというのが実感ですね。
マジメな話、我が家にブルーレイを普及させるのは本作の導入がきっかけになると思います。もし、マクロスFのムック原稿を書く人がいるとしたら、悪いことは言わないからブルーレイの導入を検討しましょう。画面の情報量が半端じゃなさ過ぎまっせ。

そうそう、今回のアーマードVF-25ガウォークファイターに変形できるのだなあ。そこが非常に感心した点。マイクロミサイルの小型、軽量、高性能化複合装甲の高強度化、軽量化が進んだって事でしょうねえ。ただ、出撃時にアーマードバルキリーに見えないのが難か(笑)

あと、レスキュー用のデストロイドがいたように見えたんだけど、アレはデストロイドだよねえ。wikipedia見たら、ケーニッヒモンスターS.M.Sにいるとか、クァドラン・ローがいたとか書かれているので、何処にいたんだよって感じなんですが、どこかにサックリ描き込まれてたんだろうなあ。この辺、半端じゃねえよなあ。

今回の敵にも、歌が通じそうな伏線早速来ましたっ! さあ、サウンドブースターDr.千葉は出るのか!?(出たら笑う)

コードギアス・反逆のルルーシュR2第1話「魔神 が 目覚める日」

2008.04.06(20:04)

最初に衝撃的な言葉を吐いてしまおう。

ワシ、OOもうどうでもエエわ。

私は、申し訳ないけれど、その作品を見る事によって自分の創作活動に力を与えてくれる作品を素直に応援します。
私は、谷口悟郎監督脚本家の大河内一楼さんに、あの時確かに力をもらった。それは自分自身、自分の書いた作品に活かしたという自覚がある。
ある意味解りやすい、そして先の読めない、次回の展開が非常に楽しみになる、そんな作品がようやく帰ってきてくれた。

本編に二度目を通し、その上でオープニングをコマ送りで見る。申し訳ないがOOだと、そんな労力は払わない。何故ならばそれをするほどの情報量は画面の中に練り込まれていないし、それをすることで、この作品は確実に力に変わってくれるからだ。

何らかの原因で記憶と力を封じられたルルーシュが覚醒する第1話。それは前半第1話にあえて相似させることで、魔神の確実な目覚めを嫌が上でも解らせてくれる。
相変わらず、フィルムに描き込まれた情報の密度が半端ではない。かといってそれは、CGを多用して情報密度を深くしているのではなく、あらかじめ見せるべき多量の情報を用意して、それをフィルムの中に余すところなく描き込んでいるのだ。
例えば、オープニング。今度のランスロットバリスがより強化されているとか、紅蓮弐式に飛行ユニットが装着されるとか、四連装ハドロン砲を持った新型ナイトメアフレームがいるとか、ましてやあの

オレンジの復活まで予感させる!

これほどの情報密度がすでに、オープニングにすら練り込まれているのだ。この手法、この手腕に、ワクワクせぬ方がどうかしている。このワクワクがあるが故に、この後半戦も存分に楽しんで、力に変えていきたい。

春の番組改変期「トミカヒーロー レスキューフォース」

2008.04.06(01:15)

さーて、メカについてのブログらしく、メカの話から書きましょうかいねえ。

いやあもうなんちゅーか、のっけからフェニックスネスト救急戦隊ゴーゴーファイブレッドラダーとかピンクエイダーとかしっかり持って行ったなあという感じで、創ってるスタッフ”何がかっこいいか”解ってるなあと感心いたしました。
これは何もけなしたいわけではなく、もちろん似たデザインを責めているわけでもなく、メカをどう動かしてどう撮影すればかっこいいのか解ってるスタッフ称賛したくって書いています。
サンダーバード初期のウルトラシリーズから連綿と受け継がれたワンダバ感覚が、この作品にはしっかり根付いてますね。

最初は戦いを想定していないので、悪いアンドロイド軍団(ネオテーラというらしい)相手にぶさいくな戦いしかできないのも好感が持てました。

それにつけても、いいよなあ。

爆裂的に、鎮圧せよっ!

ファイナルレスキュー、承認っ!

だもんなあ。しっかり、ガガガも見てたんだろうなあ。
とにかく、創ってる奴らに熱いメカ好きの魂を見たので、この作品は応援します。ムックの仕事があったら、やりたいですね。

マクロスF第一話「クロース・エンカウンター」

2008.04.05(12:11)

第一話スペシャルを昨年末に視聴しているので今更書くこともないっちゅやあないんですが、アルトシェリル・ノームつながりが希薄だった部分が補完されていたので好感が持てました。
あと、あの下乳はやっぱり深夜じゃないとね(笑)

ところで

絶望した!

本筋とは関係ない、どーでもいいところが気になる自分に絶望した!

(まあ、この作品にも絶望先生がいることだし)

ぜんとら丼って何ですか? ぜんとら丼のレシピが気になって、気になって……。番組スタッフは、ぜひとも娘々のぜんとら丼のレシピ番組ホームページで公開するようにっ!
ちなみに娘々は、リン・ミンメイの実家の娘々のチェーン店だというのは公式設定だそうだ。

メカについてあらためて書くと、この話のヤラレメカVF-17量産型VF-171なんだそうだ。ステルスが売りの機体だったんだが、あのVF-171エリントシーカーはステルス性もクソもないなあ……orz
それとやっぱり、デストロイドきぼん!

ところで、皆さんは「マクロスF」 VF-25 ペットネーム(愛称)募集応募されましたでしょうか? 私は応募しました。落選するとかっこ悪い(笑)ので、何で応募したかは落選してから公表しましょうね。

| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。