2008年03月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 機動戦士ガンダムOO第25話「刹那」(03/30)
  3. 機動戦士ガンダムOO第24話「終わりなき詩」(03/23)
  4. 機動戦士ガンダムOO第23話「世界を止めて」(03/15)
  5. 宇宙ロボット、その名はDEXTRE(03/10)
  6. 機動戦士ガンダムOO第22話「トランザム」(03/09)
  7. 米空軍のB-2ステルス爆撃機墜落事故、原因は外部侵入物によるファンブレードの破損?(03/05)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

機動戦士ガンダムOO第25話「刹那」

2008.03.30(21:13)

さてこれで、しばらくOOの作品自体の事を書く事もあまりないと思いますが、最初言っていたほどこの作品の仕事をしたいという作品ではなくなっています
お話しの作り手側が、登場するメカに対してまったく思い入れのない機動戦士ガンダムという作品が、こんなに面白くないとは思ってもいませんでした。
特に私はメカの人ですので、メカをおろそかに扱われた段階でその評価は数段下がります

その最たるものが、この作品でのモビルアーマーの扱いでしょう。
どうも、OO世界のモビルアーマーは、「モビルスーツがまとう外部武装」=モビルアーマーという定義のようですね。
サージェスの乗ったアクリスタイナクトPMCカスタムGNアーマーエクシアデュナメス、そしてこの最終回の中ボスで登場するアルヴァトーレには中から羽の生えた金色のジムもどきが出てくるといった感じで、どうしても中の人がいるのがこの世界のモビルアーマーのようです。
さて、以前アクリスタのことを「要はアッザムのリニューアルで面白みがない」というようなことを書きましたが、今回のモビルアーマー・アルヴァトーレについては

ビグロ+ビグザム+エルメスのリニューアルデザイン

程度の発想なので、面白くも何ともないです。

そもそもGNアーマーだって、デンドロビウムリニューアルデザインみたいなものだし。だとしたらデンドロビウムほどの活躍を期待したんですが、あっさりしてるし(最終回にも登場したのは把握していますよ。2機あったんですね)。

今回でもっとも言いたいことは、

アルヴァトーレの中の人って最初からいたの?

ってこと。外装のモビルアーマーのデザインと比較して、あまりにもデザインがおざなりすぎるんですよね背中の羽みたいな防御シールドが取って付けたようだし、あまりにもかっこ悪い。
アレが出て来た段階で5歩ぐらい引いた
うーん、そうだねえ……。この感覚は、アニメ版デビルマンの再放送最終回妖獣ドリムーンだと思っていたら、いきなり未放映「妖獣ゴッド 神の奇蹟」見せられて、ラッキー! とか思っていたら、妖獣ゴッドのおざなりなデザインに泣いたという感覚に似ているかな?

もし、最終回のストーリーネタバレがどこかであって、急遽中のモビルスーツをデザインしたというのなら多少同情はするけど、考え抜かれた他のモビルスーツのデザインと比較してもあまりにも稚拙です。
見ている側のこちらとしては、ガンダムスローネ三体が中ボスとしてオリジナル4機のガンダムと戦うような展開を期待していたので、アレをデザインされた人

ぜひとも、わしおさんに謝ってほしい

です。

それから、問題はグラハム・エーカーの扱いですよ。あれじゃあ、ただの変態だよね。水島監督が、実は腐女子が嫌いなのはよーくわかったけど、メカに思い入れのある奴とか戦いの好きな奴とかは変態なんですか。ああ、そうですか。ワシグラハムって、この作品の常識人その1だと思ってたんだけどねえ。

リボンズ・アルマークアルヴァトーレに乗って来なかったのは理解してあげましょう。こいつが後半のボスキャラなんでしょう。でも、アレハンドロ・コーナーが直接手を出すのは理解しがたいけどねえ

あー、それから。
OOの世界って、医療技術が発達しすぎていて少々身体が欠損していようがなんだろうが、再生医療で治療可能です。コーラサワーとかサージェスとかみんな生きてたみたいですけど、あの調子だと刹那グラハムどころか、ロックオンが生きていても何にも不思議ではありませんね。誰が生きていても、もはや何も驚きません。
悪いけどこれ、「ドラゴンボールがあれば生き返る」より感覚としてイヤです。戦争の犠牲になれば、身体が欠損するし、命がなくなるのがリアルだよ。
実はルイスだって、欠損部分のもっと根本から一旦切断して、再生治療を受ければ治療できるんじゃねーのというツッコミがはいっちゃうんだけどねえ。

実は、ガンダムOOというモビルスーツがあることも、想定の範囲内でしたね。まあ、さすがにサイボーグ009のまんまはやらなかったけれど、結局仕事人始末記だというのは当てちゃったわけだし。

とにかく、モビルスーツやモビルアーマーをおざなりに扱われた時点で、メカ屋であるワシの評価はかなり下がりました
この春からは、メカが登場するアニメがかなりあるので、ワシはそっちに期待します。

スポンサーサイト

機動戦士ガンダムOO第24話「終わりなき詩」

2008.03.23(10:22)

同じ書き出しにするのが飽きたので

ますます仕事人始末記っ!

各キャラの掘り下げが不足しているので、なんかいきなりいろんな人が死んでも、あんまし感動しないっす。むしろ、「あー、やっぱり」感が強い。
でもまあ、

コーラサワー死んだのだけ意外っ!

だったなあ。あとは前半で死亡フラグ立ちまくってたから、もうやっぱりって感想しかないですよ。

ところで、疑似GNドライブ6基ぐらい付けた金色のモビルアーマーが何て名前なのか知らないけどさ。
あれに乗ってくるのはリボンズ・アルマークの方が良くなかったかい? 緑髪のアムロって勝手に呼んでますけど。
アレハンドロ・コーナーって、もっと後でふんぞり返って、従者を顎でこき使うような奴だと思うんだけどねえ。そんな奴が、どんなに強力なモビルアーマー入手したとしても、自分で操縦してのこのこ戦場にやって来るとは到底思えないんだけど。あいつは、自分の手を汚さないタイプのキャラだと理解していたんだけれど、こちらの見当違いだったかしら?

というわけで、次回前半最終回

アレハンドロ・コーナーのMAと相打ちになって大気圏に突入するガンダム・エクシアを助けるスローネ・ドライ
夜空を見上げるマリナ・イスマイール王女の前に、一筋の流れ星。マリナ王女は流れ星に願いをかける。
シーリン「王女、何をお願いしたんですか?」
マリナ「世界が平和でありますように……ってね……」

アザディスタン近郊の砂漠地帯に落下するエクシア……。

……で、ENDだったら笑いますよ。

機動戦士ガンダムOO第23話「世界を止めて」

2008.03.15(23:12)

前回の日記で

>>つーかこれは、ある意味「必殺仕事人」だな。毎回、中華姉ちゃんが仕事持ってくんの(笑)
>>
>>最後に世間を敵に回して、最終回でみんな死ぬんだ。これぞ必殺シリーズ

トリニティの扱いが

必殺シリーズ最終回で死んじゃう雑魚仕事人そのものなんですけど……
orz

>つか、ヨハン兄と2番目(うわっ、名前憶えてねぇや……)死ぬの早すぎっ! しかも、
雑魚仕事
人の
娘っ子がヘタに生き残るとこまで再現してるし。

なんてことを書いたら、今回は

ロックオン・ストラトス、リタイア……orz

うわぁ、ますます必殺シリーズの最終回を踏襲し始めたぞ……(^◇^;)

ところでなあ。ワシ最近、三木眞一郎が声を当ててる役で、特性がスナイパーな人が死ぬ話、読んだような気がするんですけど……(^◇^;)

クルツ・ウェーバー@フルメタル・パニックさんじゃないですか……f(^ー^; それ、なんて「せまるニック・オブ・タイム」

それから、GNアームズですよ。

プラモ発売されたその週に、もうぶっ壊れますか!!

水島監督は商売っ気がないなあ。もっと活躍させてからぶっ壊さないと、あんな4千円もするようなもん売れるわけなかろうもん……。
ガンダム・スローネだって、ツバイドライのプラモが発売される前に、アインツバイリタイアしちゃってるしねえ。もうちょっと、商品化劇中活躍のタイミングってものがあると思うんだけどねえ。あー、もったいない。

それから、脳量子波カットできるんならもっと早くやってやれよハレルヤ……orz。 なんかもう、この土壇場に来てエライ話がちぐはぐだねえ。

宇宙ロボット、その名はDEXTRE

2008.03.10(04:16)

DEXTOR


今月11日に打ち上げられるスペースシャトル・エンデバーで、JAXAの日本実験棟「きぼう」の据え付け基部が打ち上げられますが、それと同時にこんなものが宇宙に進出します。

宇宙ロボットが登場、今週打ち上げの予定のシャトルに「搭乗」して宇宙に出発

【Technobahn 2008/3/9 14:49】
>11日に打ち上げ予定のスペースシャトル「エンデバー」にカナダ宇宙局(CSA: Canadian Space
> Agency)が開発を行ってきた宇宙空間作業用ロボット「デクスター(Special Purpose Dexterous
>Manipulator)」が搭載され、今回のエンデバーのミッションに活用されることとなった。
>
>宇宙空間に本格的なロボットが持ち込まれて実作業に利用されるのは今回が初の出来事ともなる。
>
>デクスターは2億ドル(約200億円)の費用を投じて、同じくCSAが開発を行ったスペースシャトル
>のロボット・アームの先端に取り付けられて利用されることが前提に開発が進められてきたもの
>で、上下、左右に自在に移動可能な2本の腕を使って宇宙飛行士では危険な領域での作業など
>を遂行することが期待されている。
>
>ただし、今のところ国際宇宙ステーションで宇宙飛行士が船外活動を行う際に利用するツールは
>100種類前後あるのに対して、デクスターが装備可能なツールは3種類と少なく、NASAでもデク
>スターの利用は今のところは実験的側面が強いと話している。
>
>デクスターはツールの交換や、繊細な作業もこなすことができるように設計が行われており、今後
>の改良次第では宇宙飛行士の船外活動が不要となる時代が来るかもしれない。

デクスター

デクスター言うたら、やっぱこれなんでしょうねえ。

DD



妹のDDも、その内宇宙に上がるんでしょうかねえ?

機動戦士ガンダムOO第22話「トランザム」

2008.03.09(12:51)

私、ガンダムOO第2話の日記でこんなことを書いていました。

>つーかこれは、ある意味「必殺仕事人」だな。毎回、中華姉ちゃんが仕事持ってくんの(笑)

>最後に世間を敵に回して、最終回でみんな死ぬんだ。これぞ必殺シリーズ

トリニティの扱いが

必殺シリーズ最終回で死んじゃう雑魚仕事人そのものなんですけど……orz

つか、ヨハン兄と2番目(うわっ、名前憶えてねぇや……)死ぬの早すぎっ! しかも、雑魚仕事人の娘っ子がヘタに生き残るとこまで再現してるし。
もっと、見せ場作ってやって欲しかった。あの3人、3体合体GNハイメガランチャーまともに撃たずに死んじゃったじゃないの!
(捕捉:アジトから間接照準で射撃したのは、まともな射撃シーンとは言えないよ)
悪役にも華を持たせるべきなんですよ。見せ場を作るべきなんですよ。3体合体GNハイメガランチャーなんてのは、トリニティ最大の見せ場一番格好良く描かれるべきシーンであったにもかかわらずまともに撃ったのは一回もなしですか、ああそうですか。もったいね。
私は、トリニティの活躍にはもの凄く期待していましたので、ヒジョーに裏切られた気がします。

アニメージュ最新号の水島監督インタビューも読ませていただきましたが、1話から26話までの展開でこちらの予測できる展開の範疇から逸脱することはないだろうと確信してしまった……orz

この話はとことん、「仕事人ガンダム」なんだろうなあ……。

となると27話以後はレジスタンスしかないのだが。

米空軍のB-2ステルス爆撃機墜落事故、原因は外部侵入物によるファンブレードの破損?

2008.03.05(23:39)

米空軍のB-2ステルス爆撃機墜落事故、原因は外部侵入物によるファンブレードの破損?

【Technobahn 2008/3/5 18:20】

>米空軍のB-2ステルス爆撃機は外部侵入物によりファンブレードが損傷を受けた場合にはエン
>ジン 内部で発火を起こし、機体の墜落につながるという潜在的欠陥を抱えていたことが米政府
>によって 機密解除されて公開された米空軍の資料(AFD-080204-083)によって明らかとなっ
>た。

>米空軍のB-2ステルス爆撃機は2月23日、グアム島のアンダーセン米空軍基地を離陸直後に
>墜落 事故を起こしており、航空専門家の間ではこの米空軍の資料で潜在的問題として記述さ
>れていた 内容と事故の類似性を指摘する声なども上がっている。

>米空軍の資料とは2009年度予算獲得のため議会への説明資料として作成されたもので、資
>料の中で米空軍はB-2ステルス爆撃機に搭載されてF118-GE-100型ジェットエンジンは「ステ
>ージ1のファンブレードがFOD(Foreign Object Damage)により損傷を受けた場合には内部
>で発火を起こしクラス1 (墜落という意味)のイベントが起きる可能性が高い」とした上で2009年
>度予算で改良を施したファンブレードへの修理を行うために予算の計上が必要だと議会に説明
>を行っていた。

>これまで米空軍ではB-2ステルス爆撃に搭載されているジェネラル・エレクトリック製のF118-
>GE-100型ジェットエンジンは4機中の2機がダウンしたとしても離陸を継続することは可能だと
>離陸を継続 することは可能だとする説明が行われてきた。

>事故機の操縦士からは墜落直前にエンジンが発火し、その直後に機体が制御を失ったという
>証言もなされていた。米空軍の説明資料ではステージ1のファンブレードに外部侵入物によっ
>て損傷を受けた場合には、内部で発火を起こし、機体が墜落する恐れがあると述べており、正
>に、事故機の操縦士の証言とも合致することになる。

>外部侵入物によるファンブレードの損傷は民生用旅客機では比較的頻繁に起きる事故となる。
>しか し、最近の旅客機などの場合はファンブレードが飛行中に損傷を起こして墜落を起こす
>ということはないように改良が施されているため、FAAでもタービンブレードの損傷は重大な事故
>とは見なさなくなっていた。

>今回、B-2ステルス爆撃がファンブレードの損傷により墜落事故を起こしたとすると、最新のテ
>クノロジーと膨大な資金を投入されて開発されたステルス爆撃機も思わぬところに欠陥を抱え
>ていたということになる。

結局、バードストライクなんですかねえ……?

| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。