FC2ブログ

2008年01月20日

  1. 冬の番組改変期「仮面ライダー電王」(01/20)
  2. 機動戦士ガンダムOO第15話「折れた翼」(01/20)


冬の番組改変期「仮面ライダー電王」

2008.01.20(13:17)

最初に言っておく。見る前にネタバレになったらごめんっ!

まあ、始まる前は「もはや仮面ライダーじゃないだろう……」とかさんざんいろいろ言ってましたが、悪いけど私は小林靖子って書き手さんは絶大的に信頼しています。
「仮面ライダー電王」シリーズ構成&脚本小林靖子さんでなければ見なかったでしょうし、おそらく私は「仮面ライダーキバ」はまったく見なくなると思います。

もうね、この作品にはホントやられましたよ!

最初から最後までクライマックスだぜっ!

とか

お前、ボクに釣られてみる?

とか

俺の強さに、お前が泣いた!

とか

やっつけるけどいいよね? 答えは聞いてない!

とか

最初に言っておく。俺は、かーなーりー強いっ!

とか、気がつきゃさらっと使いたくなるようなフレーズばかり。これはもう、立派にキャラが立ってるという証拠で、こういうのが確立できる作品ってやっぱし凄いと思います。
 作家というのは、自分が好き勝手出来る世界を構築しちまえればその時点で8割方勝てるんだけど、「仮面ライダー電王」は立派にそれに成功していたと思う。
 「星獣戦隊ギンガマン」をやって、「時空戦隊タイムレンジャー」をやって「仮面ライダー龍騎」をやって、「仮面ライダー電王」をやった靖子さんだから、現在時間物SF作品を書かせればこの人以上に手慣れている人はいないと思っています。
 おそらく、「仮面ライダー電王」をやるにあたって、そのまま脚本を書く前にシリーズ構成として作品全体のフローチャートを構築してから作品を創っているはずで、それは夏に公開された映画の頃のシナリオに、特に如実に表れていると思いました。
 そんな靖子さんのやった作品だから、最後はきっちり締めてくれると思っていたし、いささか強引な部分はあったけれど、最後はきっちりまとまった大変良い作品として帰結してくれたと思います。

良い作品を有り難うございました。というか、仮面ライダーの脚本とシリーズ構成小林靖子さん固定でお願いしたいぐらい。

スポンサーサイト



機動戦士ガンダムOO第15話「折れた翼」

2008.01.20(07:57)

第10話「ガンダム鹵獲作戦」の時も思いましたが、

脚本が教科書的すぎて意外性が何もないです。

悪いけど、この脚本ならワシでも書ける。
 そもそも、小型通信機ばらまいてガンダムの位置を探知するっていうのは一度やっちゃったネタなので、はっきり言って「またかよ」って感じ。

 まあ、腐女子的には
  コーラサワー×絶望先生
  大佐×アレルヤ、もとい ピーリス少尉×ハレルヤ
  グラハム×ロックオン
  刹那×サージェス
 というカップリングが確定してしまったので、楽しかったんでしょうけどねえ。でも、これも意外性ないし。

 オーバーフラッグ隊の大口叩き男が死ぬのもお約束だし。

 そもそも、

イナクトの動力を軌道エレベーターの太陽光発電システムから得ているという設定

は、もはやどうでもいいらしいなあ……orz 拘束用のシールドシステムは面白かったけど。


 サージェスの乗ってきたモビルアーマー高速飛行+アッ○ムリーダー程度のギミックなので、はっきりいって三番煎じ。これなら種&デス種ザムザザーゲルスゲーの方がメカ的には断然面白かったわけで。

 ソレスタルビーイングのピンチにガンダム・スローネが最後の最後で介入

って、これも先週私が預言した通り

 あのね。いーかげん書いちゃうよ。スメラギ・李・ノリエガって戦術予報士の人は必用なのか? 今回なんか特に、ユニオンの茶髪ポニーテール眼鏡男相手の作戦のカンニングまでさせてもらって何の対策も立ててないようにしか見えないんですけど? ホンマ、仕事してませんよこの人。
 そもそも戦術予報士というぐらいですから、相手の出方を予報してどんな困難な戦局でもひっくり返すのがこの人の仕事じゃなかったの? 
 今のまんまじゃ、

トレミーのブリッジで飲んだくれてる乳がでかいだけの無能ねーちゃん

ですよ。いらねーじゃん。王留美の方がよっぽど仕事してるよ。

 というわけで、わたしゃ本当にガンダム・スローネ番組介入に非常に期待しています。現状の面白くなさを打破するために。たのむ、面白くなってくれっ!

今週の結論:「フルメタル・パニック」の再放送の方が断然面白いっ!

| ホームへ |