2008年01月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 機動戦士ガンダムOO第16話「トリニティ」(01/27)
  3. 日本陸軍試作機大鑑(01/26)
  4. 冬の番組改変期「仮面ライダー電王」(01/20)
  5. 機動戦士ガンダムOO第15話「折れた翼」(01/20)
  6. 機動戦士ガンダムOO第14話「決意の朝」(01/13)
  7. 機動戦士ガンダムOO第13話「聖者の帰還」(01/06)
  8. 旧ソ連試作戦車動画っ!(01/04)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

機動戦士ガンダムOO第16話「トリニティ」

2008.01.27(08:01)

うーん、久々に面白かった。取り敢えず

ガンダムスローネによる番組介入は成功だった

と思います。

GNランチャーによる長距離砲戦型がガンダムスローネアイン
GNファングによる中距離戦闘型がガンダムスローネツヴァイ
GNステルスフィールドによる広域電子攪乱型がガンダムスローネドライ

これまでのガンダムとは違った太陽炉を持ち、おそらくはどれも一世代進んだ機体なんでしょうねえ。
テクノロジー的には、ほとんどファンネルGNファングとか、GN粒子の広域散布(月光蝶システムかと思た)とか、ちょっと進化しすぎのきらいもありますが。

ガンダムスローネが出て来て作品を面白くしてくれた分、番組後半はほとんど総集編状態……orz
もっと、徹底的にやってくれるとカタルシスってもんが出て来たと思うんですけどねえ。

ところで、スメラギ・李・ノリエガが、なかなか暴言吐いてくれましたなあ。

「外れてくれて嬉しい予報もあるのね」

……って、つまりなんですか? この人、ちゃんと4機のガンダムが鹵獲される予報立てていて、それを承知の上であの作戦に向かわせたと。
すいません。この、乳がでかいだけの飲んだくれ姉ちゃんを、誰か何とかしてください……。

スポンサーサイト

日本陸軍試作機大鑑

2008.01.26(06:46)


いやあ、いい本だねえ。ホントにいい本だ(苦笑)
なにせオイラがイカロス出版で刊行した「陸軍航空技術開発の戦い 日本陸軍の試作・計画機 1943~1945」から、こっちの考えた基本コンセプトを含め、いろいろパクっていかれてますから(苦笑)
しかもズルいことに、参考文献書いてないし(苦笑)
イ号一型丙誘導弾を「キ149と呼ばれたとする資料もある」って書いてあるけど、オイラの著書以外で酣燈社にそう書かれた資料があるのかどうかは甚だ疑問だねえ(苦笑)
なにせあれ、ソースは日本の文献じゃあないんだから(実はこれ、こっちの仕掛けたトラップ)。
おかげでまあ、この本が極めて理想的な本になっているのは確かな話なんだけど。

さあて、ここまでやらかしてくれたんですから、続巻「日本海軍試作機大鑑」が非常に楽しみだ。
例えば、富嶽とZ機はもう一度海軍機として掲載するのかとか?
まさか、秋水改の海軍機名称は外さないよねえとか?
さあて、○○一型○○二型はちゃんと掲載してくれるのかしらとか?(○○はあえて伏せ字)
電波誘導の無人○○はちゃんと取り上げてくれるんだよねえとか? (○○はあえて伏せ字)
その他、海外の文献のみで計画があったとされているような試作機まで掲載してくれるのかねえとか?(オイラを執筆者に加えてくれない限り、教えてあげないよ)
悪いけど、「日本海軍試作機大鑑」が出版される前にイカロス出版から「海軍航空技術開発の戦い 日本海軍の試作・計画機 1943~1945」なんて本が出版される予定はまったくありませんから。
オイラがイカロス出版で海軍機編をどう書こうとしていたか、オイラを執筆者に加えない限り酣燈社さんに伝わることは絶対にありませんからねえ(笑)

冬の番組改変期「仮面ライダー電王」

2008.01.20(13:17)

最初に言っておく。見る前にネタバレになったらごめんっ!

まあ、始まる前は「もはや仮面ライダーじゃないだろう……」とかさんざんいろいろ言ってましたが、悪いけど私は小林靖子って書き手さんは絶大的に信頼しています。
「仮面ライダー電王」シリーズ構成&脚本小林靖子さんでなければ見なかったでしょうし、おそらく私は「仮面ライダーキバ」はまったく見なくなると思います。

もうね、この作品にはホントやられましたよ!

最初から最後までクライマックスだぜっ!

とか

お前、ボクに釣られてみる?

とか

俺の強さに、お前が泣いた!

とか

やっつけるけどいいよね? 答えは聞いてない!

とか

最初に言っておく。俺は、かーなーりー強いっ!

とか、気がつきゃさらっと使いたくなるようなフレーズばかり。これはもう、立派にキャラが立ってるという証拠で、こういうのが確立できる作品ってやっぱし凄いと思います。
 作家というのは、自分が好き勝手出来る世界を構築しちまえればその時点で8割方勝てるんだけど、「仮面ライダー電王」は立派にそれに成功していたと思う。
 「星獣戦隊ギンガマン」をやって、「時空戦隊タイムレンジャー」をやって「仮面ライダー龍騎」をやって、「仮面ライダー電王」をやった靖子さんだから、現在時間物SF作品を書かせればこの人以上に手慣れている人はいないと思っています。
 おそらく、「仮面ライダー電王」をやるにあたって、そのまま脚本を書く前にシリーズ構成として作品全体のフローチャートを構築してから作品を創っているはずで、それは夏に公開された映画の頃のシナリオに、特に如実に表れていると思いました。
 そんな靖子さんのやった作品だから、最後はきっちり締めてくれると思っていたし、いささか強引な部分はあったけれど、最後はきっちりまとまった大変良い作品として帰結してくれたと思います。

良い作品を有り難うございました。というか、仮面ライダーの脚本とシリーズ構成小林靖子さん固定でお願いしたいぐらい。

機動戦士ガンダムOO第15話「折れた翼」

2008.01.20(07:57)

第10話「ガンダム鹵獲作戦」の時も思いましたが、

脚本が教科書的すぎて意外性が何もないです。

悪いけど、この脚本ならワシでも書ける。
 そもそも、小型通信機ばらまいてガンダムの位置を探知するっていうのは一度やっちゃったネタなので、はっきり言って「またかよ」って感じ。

 まあ、腐女子的には
  コーラサワー×絶望先生
  大佐×アレルヤ、もとい ピーリス少尉×ハレルヤ
  グラハム×ロックオン
  刹那×サージェス
 というカップリングが確定してしまったので、楽しかったんでしょうけどねえ。でも、これも意外性ないし。

 オーバーフラッグ隊の大口叩き男が死ぬのもお約束だし。

 そもそも、

イナクトの動力を軌道エレベーターの太陽光発電システムから得ているという設定

は、もはやどうでもいいらしいなあ……orz 拘束用のシールドシステムは面白かったけど。


 サージェスの乗ってきたモビルアーマー高速飛行+アッ○ムリーダー程度のギミックなので、はっきりいって三番煎じ。これなら種&デス種ザムザザーゲルスゲーの方がメカ的には断然面白かったわけで。

 ソレスタルビーイングのピンチにガンダム・スローネが最後の最後で介入

って、これも先週私が預言した通り

 あのね。いーかげん書いちゃうよ。スメラギ・李・ノリエガって戦術予報士の人は必用なのか? 今回なんか特に、ユニオンの茶髪ポニーテール眼鏡男相手の作戦のカンニングまでさせてもらって何の対策も立ててないようにしか見えないんですけど? ホンマ、仕事してませんよこの人。
 そもそも戦術予報士というぐらいですから、相手の出方を予報してどんな困難な戦局でもひっくり返すのがこの人の仕事じゃなかったの? 
 今のまんまじゃ、

トレミーのブリッジで飲んだくれてる乳がでかいだけの無能ねーちゃん

ですよ。いらねーじゃん。王留美の方がよっぽど仕事してるよ。

 というわけで、わたしゃ本当にガンダム・スローネ番組介入に非常に期待しています。現状の面白くなさを打破するために。たのむ、面白くなってくれっ!

今週の結論:「フルメタル・パニック」の再放送の方が断然面白いっ!

機動戦士ガンダムOO第14話「決意の朝」

2008.01.13(20:45)

最大のツッコミ。それで、誰が何を決意した朝だったんだ?

今回は、

美味しいところはみんなコーラサワーが持って行きましたなあ。

ユニオンの大口叩きパイロット死亡フラグ立ちまくってるなあ。
サージェスはさっさと別の機体へ。まあ、イナクト系の機体タクラマカン砂漠の真ん中じゃあ、それこそどこから動力得てんのよって話にしかなんないしねえ。
(結局、どうやってアザディスタンで動力得ていたかはスルーかよ!)

とにかくまあ、次回タクラマカン砂漠を舞台に怪獣総進撃というか四勢力入り乱れてのバトルロイヤルの様相ですが、

実はもう一つの勢力が軍事介入しましたっ!

ってオチだろ。

というわけで、私はガンダム・スローネ、アイン、ツバイ、ドライを応援します。

機動戦士ガンダムOO第13話「聖者の帰還」

2008.01.06(04:58)

今回の話は

腐女子には受けが良かっただろうなあ(笑)

もちろん実際の中東の紛争があんな程度で鎮静化するはずはなく、そもそも中東の紛争っていうのはもっといろいろ根の深いものであり、逆に言ってしまえばあれは日本人視点から見た理想化された中東紛争なわけで。
すいませんが、監督脚本家とことん平和主義者なんだなあと思いました。もちろんあの結末を見てしまった時に、私は

実際の中東紛争ならそんなもんで片付くかいっ!

という、多くのまともな感覚を有する男性視聴者のツッコミの声が聞こえてきたような気がしたんですけど。

古い表現で申し訳ないけれど、

ル○アールのココアより甘いっ!

旧ソ連試作戦車動画っ!

2008.01.04(14:45)

なんとなく、ディスカバリーチャンネル当たりが編集したフィルムっぽいんですが



もはやおなじみのオブイェークト279が動いてる動画とか、ホバー戦車とか、ジェットエンジン戦車とかホバー水陸両用車とかも紹介されていてもの凄い映像なんですが、最大の見所は計画倒れになったと思われる旧ソ連の地底戦車の再現CG映像っ!
あいつらやっぱり、造ろうとしていたのね……f(^ー^;

| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。