2006年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ウルトラマンメビウス第4話「傷だらけの絆」(04/30)
  3. レベル1:76チャーチルA.V.R.E(04/30)
  4. 平積みっ!(04/30)
  5. 2006年・陸上自衛隊下志津駐屯地つつじ祭(04/30)
  6. 明日は取材です(04/29)
  7. 「SOVIET SECRET PROJECTS FIGHTERS SINCE 1945」を買う(04/28)
  8. The Strange Mechanism Museum -Neo- 150,000アクセスありがとうっ!(04/26)
  9. 「航空魚雷ノート」を買う(04/26)
  10. イカロス出版ミリタリー選書「日本陸軍の試作・計画機1943-1945」、Amazonでも予約スタート!(04/26)
  11. てすと(04/23)
  12. イカロス出版ミリタリー選書「日本陸軍の試作・計画機1943-1945」、bk1で予約スタート!(04/23)
  13. ウルトラマンメビウス第3話「ひとつきりの命」(04/23)
  14. ボーイングX-50Aドラゴンフライ、2号機墜落(04/22)
  15. スクラムジェット燃焼実験失敗っ!(04/20)
  16. なんかもう、今回はっ!(04/19)
  17. またエライ時期に part.2(04/19)
  18. また、エライ時期に食玩ラッシュ(04/18)
  19. 新作ウルトラマン、地元番組に屈す 福島・青森など(04/16)
  20. ウルトラマンメビウス第2話「俺たちの翼」(04/16)
  21. レイアウト配色変更(04/13)
  22. 萌えよ!戦車学校 II型(04/12)
  23. 春の番組改編期その1ウルトラマンメビウス(04/10)
  24. ブログ、引っ越しました(04/10)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ウルトラマンメビウス第4話「傷だらけの絆」

2006.04.30(01:50)

今回のウルトラマンメビウス


アマガイ・コノミ隊員萌えっ!


のひと言につきますね。
メカ的にはメモリー・ディスプレイのマケット怪獣実体化機能につきるんでしょうが、それは私の仕事する領分かどうかビミョーだし。
強いていえば、ガンフェニックス機首左右からビーム発射して攻撃していたぐらいかな。何にせよ、超科学メテオールの発動権限隊長に委譲されて良かった。
ミクラスパワーアップして帰ってくるといいんだけど、改良されて帰ってきたら


アギラやセブンガー


に改造されていたら非常にイヤですね。


さてここで次回は


岩石怪獣サドラー


ですが、昔一緒に出た地底怪獣デットンの出番はなし。今のところメビウスに出てくる怪獣は、他の怪獣と一緒に出現した怪獣という傾向にあるようです。


ところで、今回の放送夏に公開される映画予告フィルムが解禁されました。ガッツ星人とかナックル星人とかザラブ星人とかテンペラー星人とか、凶悪な宇宙人ばかり登場するみたいです。
ザラブ星人の声が、ちゃんと青野さんだといいんですが……。

スポンサーサイト

レベル1:76チャーチルA.V.R.E

2006.04.30(01:23)

今日、下志津駐屯地祭の帰りに秋葉原のイエローサブマリンに寄ったら、レベル1:76スケールのチャーチルA.V.R.E架橋戦車が出てましたよ。




レベル1:76チャーチルA.V.R.E



ホバート・ファニーズミニスケールタンクでのキット化は、エアフィックス1:72(正確にはアンダースケールらしい)のシャーマン・クラブ地雷除去戦車と、チャーチル・クロコダイル火炎放射器戦車に続き、こいつで3輌め。
そんなに高いものでもないので、そろそろミニスケールでサンロー海岸あたりのジオラマ組むやつが出てくるかもしれません。
わたしゃ1,230円で買ったけど、店によっては2千円以上(輸入時期と円相場の問題で)するところがあるのでご注意。

平積みっ!

2006.04.30(01:15)

下志津の帰りに、秋葉原に寄ってきました。


平積み


書泉ブックタワーじゃ、こうして平積みになってます。隣にあるミリタリー選書(15)「このヒコーキが、好きだ!」より売れてるようですね。
実はこの直後、作者が献本分を6冊も買っていった(笑)ので、ミリタリー選書(13)「イタリア軍入門」に、山の高さが並びましたとさ。

2006年・陸上自衛隊下志津駐屯地つつじ祭

2006.04.30(01:01)

数年ぶりに、陸上自衛隊下志津駐屯地つつじ祭に行って来ました。


今年行く気になったのは、陸上自衛隊の最新鋭装備03式中距離地対空ミサイル(03式中SAM)の量産1号機が展示されるというのを聞きつけておったからなのです。


03式中距離SAMランチャー


まずはランチャーユニット。部隊展開するとキャニスターを垂直に起立させます。ミサイルは垂直に発射され、ロックしたターゲットに空中で指向するようです。


03式中距離SAMレーダ


続いてレーダ車。見ての通りのフェイズドアレイ・レーダです。本車での索敵もおそらくは可能でしょうが、基本的には他のレーダからデータをいただいて、本車でターゲットロックを行うのが基本だと思います。


03式中距離SAMローダ


続いてキャニスター装填装置(ローダ)。6基のキャニスターを、一度の作業で装填することが可能です。
この他に、中央射撃指揮装置と電源車、通信中継車で1個中隊が構成されます。通信中継車のみ高機動車がベース車で、あとはご覧の通りすべての車輌が新型の8輪トレーラーで構成されています。
新装備の重装甲回収車もこの新型の8輪トレーラーがベース車ですから、今後の陸自の施設機材はほとんどこの新型の8輪トレーラーがベース車になるのかもしれません。


あとの話題としては、35mm2連装高射機関砲L90が退役していたことでしょうか。あれの射撃管制レーダがぷるぷる振るえて面白い動きをする器材だったので、もう見られないかと思うとちょいと残念。

明日は取材です

2006.04.29(01:11)

明日はひさびさの出撃&取材なので、もう寝ます。なんか疲れたし。


拙著書店店頭には並んだのですが、都内でも吉祥寺の某書店を最後に、以西の書店には入荷していないようなので、地方都市とかだと推して知るべしです。
どうしても手っ取り早くほしい人は、Amazon.co.jp とか使っていただけると非常に助かります。

「SOVIET SECRET PROJECTS FIGHTERS SINCE 1945」を買う

2006.04.28(01:47)


先月の航空雑誌の新刊紹介や書評の欄に紹介されているMIDLANDという出版社の洋書で、世界の傑作機のロシア機担当でお馴染みの、Yefim Gordon 氏の著書です。軍事選書堂から昨日届きました。
MIDLANDは、この手のイギリス機本とかも出している出版社で、旧ソ連機本は2冊目。今回は戦闘機が中心です。
相変わらず、ジェット戦闘飛行艇とかVTO戦闘機とか、むちゃくちゃな機体もいろいろありますが、He162スキーMe262スキーに始まり、ミーティアスキーシューティングスタースキー、しまいにゃイーグルスキーってな感じで、冷戦当時に西側のマネして設計した機体も数多く載っていて、絶対的に笑えます。ここんとこ出版された洋書じゃ、最大のオススメですね。

The Strange Mechanism Museum -Neo- 150,000アクセスありがとうっ!

2006.04.26(02:01)

The Strange Mechanism Museum -Neo-、おかげさまで 150,000アクセスを突破いたしました。いつもきてくださっている皆様


本当に、ありがとうございますっ!


ここに来てカウンタが飛躍的に伸びているのは、FC2ブログに変えたことと、あともう一作が非常に効いているんだと思います(もう一作については、解る人だけ解ってください)。
今年は何かと忙しい年にすることが目標なので、どこまで頑張れるのかまったく判りませんが、銃身が焼け付くまで撃ち貫く所存ですので、今後ともよろしくお願いします。

「航空魚雷ノート」を買う

2006.04.26(00:42)

次に神保町に行くヒマが来月までなさそうだったので、文華堂に行って「航空魚雷ノート」をようやく買ってきました。
帝国海軍の航空魚雷のことしか書いていない本にもかかわらず、ン千円もする本なので購入に二の足を踏んでいたのですが、海軍もやるなら有効な設備投資と判断しました。
しかし、ここまで専門的な本でなくてもいいと思うんだけど、他に類書がないからしょうがないわね。
その帰りに書泉で、雪風★中尉に遭遇。某勇者王本の時の担当編集さん。元気そうでなにより。

イカロス出版ミリタリー選書「日本陸軍の試作・計画機1943-1945」、Amazonでも予約スタート!

2006.04.26(00:17)


ああ、結局2回もCMしてしまうハメになってしまった……。本日より、Amazon.co.jp でも予約販売が始まりました。こいつが売れてくれないと、冗談抜きに次の仕事が本決まりにならないので、皆様本当にすいませんがよろしくお願いします。


しかしAmazon.co.jp だと、「雲海の覇者―渡洋爆撃機「富岳」極北大作戦 」どころか「魔海戦域」までユーズドで買えるのね。前者は嬉しいのでサイドに張りますが、後者は嬉しくないなあ。あれま、KOEI 「WWII エースパイロット」まで自著扱いとは。ま、いいけどね。ふう。

てすと

2006.04.23(23:33)
てすと

イカロス出版ミリタリー選書「日本陸軍の試作・計画機1943-1945」、bk1で予約スタート!

2006.04.23(06:49)

日本陸軍の試作・計画機






































ウルトラマンメビウス第3話「ひとつきりの命」

2006.04.23(04:38)

さて、恒例の「今週のウルトラマンメビウス」を始める前に、先日たまたま友人のいろもの物理学者さんにメールしてようやく把握したんですが、沖縄では放映してないんですねウルトラマンメビウス


琉球放送、あかんやんっ!!


いや、自分何を楽しみにしてたかって、自分の回りのSF・特撮好きの中ではいろものさんの反応を一番楽しみにしていたので、こいつはかなりショックでした。


さて、今日はあのバードンですが、


なんかデブになったな>バードン


でも、飛行特性パワーアップしてるからたまったもんじゃないですねえ。
今日は、新隊員達がそれぞれ捨ててきたものを追いつつ、ウルトラマンと共に闘うことに意味と意義を見つける話と言ってしまえば紹介が簡単に終わってしまうなあ。
今回は、クゼ隊員医者のタマゴでもあるという特性が十分に練り込まれていて、クゼ隊員のキャラクターはこの話で十分に立ったと思います。しかし、あのメイドはいったい……?
あと、リュウ隊員も負けずにキャラが立ってきました。なんか、スターウルフバッカスIII世号副長のリュウさんっぽくなってきたなあ。これはこれで良っ!
それから、超科学メテオールが1分しか発動できない弱点が早くも描かれてしまったことと、ガンローダーの機首左右に名前聞き落としたけどパルスビーム砲が装備されていたことが、自分としては特筆すべき事。あと、ガンウィンガーの垂直着陸シーンがすごく綺麗だったなあ。


つっこみどころはやはり、


まだ、ウルトラマンが生物として認識されていなかった。


点でしょうね。今までの歴代防衛隊の人達は、この点について何も書き残さなかったんですね。気持ちはわかるけど……。
そういう意味では、今回ヒビノミライ隊員は自分の身体を本当にちゃんと医者に診せたんでしょうか? ちゃんとした医者なら、毒にやられたのはモロわかりで正体バレバレのはずなんだが……。それともモロボシダンみたいに、本当は医者に診てもらってなくて、これが今後の複線として生かされるのかどうか?
あと、あまり銃器関係のことは原稿書かないんですが、今回のトライガーショットのブルーチューブキャプチャー・キューブのバリア・フィールドはちょいとインパクトがありました。科学的ベースは、バルタン星人のスペルゲン反射板だろうか? ちゃんと、メビューム・シュートを反射したもんなあ。


さて、皆さんお待ちかね。次回は、みんなの眼鏡っ娘アイドル


アマガイコノミ隊員


と、メテオールの産物のマケット怪獣


ミクラス


主役! 次回はメモリーディスプレイのマケット実体化機能以外に、あんまりメカ的には書くことないかなぁ? 

ボーイングX-50Aドラゴンフライ、2号機墜落

2006.04.22(03:03)

X-50A




以前からたまに書いておりました、米国のXナンバーの最新ニュースですが、しばらくさぼっててたまに見てみたら、なんかエライことなってました。
ソースはAviation Week  なんですが、ボーイング社で開発中のローター・カナードウィング実験機X-50Aドラゴンフライ2号機4月12日に墜落喪失したようです。
事故は、ローター飛行からローターを固定した固定翼飛行への移行時に起こった模様です。
3月31日に1号機が墜落、喪失しており、これですべてのX-50Aを喪失したことになりました。
この機体が成功しちゃうと、無音滑空飛行も可能なステルスヘリUAVが生産できる一歩手前まで来ますが、曲がりなりにも現在のXナンバーの末っ子なので、このまま計画中止などということにはならないでほしいものです。

スクラムジェット燃焼実験失敗っ!

2006.04.20(00:02)
JAXAプレスリリースによりますと、3月28日オーストラリア ウーメラ実験場で実施されたHyShot-IVによるスクラムジェットの燃焼実験が、失敗に終わってしまったようです。
JAXAプレスリリースによると、ノーズコーンの分離に失敗したということですが、読売新聞の記事が元のYahoo ! News の記事によれば、燃焼器に窒素ガスを送るバルブが作動せず、その結果ノーズコーンが分離しなかったようです。
現在の航空機がもう一段階の進化を果たすためには、スクラムジェットエンジンの開発が欠かせないだけに、今回のニュースは非常に残念としか言いようがありません。

なんかもう、今回はっ!

2006.04.19(02:40)

いやもう、たまたま仕事の谷間の時期ということもあるんだけど、


移転早々の非常な盛況、皆様本当にありがとうございます。


本当に、ブログ引っ越して良かったです。こっちも書いていて張り合いがあります。こんなにほぼ毎日、気分良くちゃんと書いてるのも久しぶりです。SPAMコメントを吐きに来る外人も来ないし。


皆様本当にありがとうございますっ!

またエライ時期に part.2

2006.04.19(02:31)

昨日、エライ時期に食玩ラッシュなどというブログを書いてしまいましたが、舌の根も渇かないウチに、もう一つきちゃいました。


コナミフィギュアコレクション メカ娘 vol.2


さはらさんが唯一、このブログで推奨する(笑)萌え系フィギュアですな。島田「ローレグのえらい人」フミカネさんデザインのフィギュアです。あれ? 島田さんのサイトがブログに変わってるよ。トラックバック付けちゃえ(恐いもの知らずだなぁ>俺)
吉祥寺のユザワヤで4個買って、とりあえず藤花以外のセミノーマルコンプを達成したので、藤花だけヤフオクのお世話になりました。
ボーナスパーツは現在片足と片腕がないので、これもヤフオクのお世話にならんとダメかなあ? 3突さんタイガーさんにしてあげたいよなあ。

また、エライ時期に食玩ラッシュ

2006.04.18(01:31)

以前のブログでも時々書いていた食玩の話題ですが、また今度は一般社会人どころか公務員の給料日前ビッグタイトルが重なってしまいました。まったく、海洋堂F-Toysも何を考えてるんでしょう?
さて、そのビッグタイトルとは、海洋堂タカラトミーワールドタンクミュージアム09(本日現在、タカラトミーのサイトにWTM09のコンテンツは出来ていません)と、F-Toys日本の翼コレクションです。
ワールドタンクミュージアム09は、今回は第2次大戦直後の現用戦車ということで、米陸軍のM48A3パットンM551シェリダン空挺戦車旧ソ連陸軍のT-10M戦車WTMシリーズ初のフランス戦車となるAMX30戦車スウェーデン陸軍のStrv.103B戦車(いわゆるS戦車)、シークレットとして映画「遠すぎた端」に登場したレオパルド1A2戦車というラインナップになっています。今回は、いろもの戦車率が高いです(^_^)
このサイトに来るようなお客さんとしては、まず車体がアルミ合金で出来ている超いろものM551シェリダン空挺戦車がオススメ。かなり無茶な戦車です。「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にも、確実に2回は登場しています。
次にオススメなのがAMX30戦車でしょう。105mm砲のくせにHEAT弾しか撃てないとか、排煙装置(エバキュレータ)がないとか、さすがフランスといっても過言ではないいろもの戦車です。
そしてもう一台、スウェーデンのS戦車を忘れてはいけません。砲塔を廃した低い車体に独立懸架の油圧サスペンションを採用したおかげで、完全に車体を隠しての稜線射撃が可能というあるある意味非常に優れ物の戦車です。どのくらい優れ物かというと、こいつの登場のおかげで陸上自衛隊の74式戦車90式戦車も、みんな独立懸架サスペンションを採用したんですから。独立懸架サスペンションと言えば、前後左右に車体の高低を変更できるわけですが、早い話この戦車が元祖・踊れる戦車ということですね。
ウチのお客さん的には、この3台が今回のオススメです。


さて、F-Toys日本の翼コレクションですが、今回は航空自衛隊機ということでF-104スターファイター三菱F-1三菱T-2F-4EJ改ファントムIIX-F2AF-2Aというラインナップになっています。シークレットマルヨンが戦教塗装T-2がブルーインパルスファントムがRF-4EJF-2が自衛隊50周年カラーということになっていますが、ウチのお客さん的には


浜松実験航空団のX-F2A


は、絶対におさえるべきアイテムでしょう。今回から、箱の上部に何が入っているのか書いてくれていないので、F-2が欲しい場合は重い箱を選びましょう。
あとのラインナップは好みで押さえればいいと思うんですが、シークレットのRF-4EJT-2ブルーインパルスはなんとなく欲しいような気がします。


しかしまあ今回困ったのは、さっさと済ませたかったので玩具屋に行こうとしたら、重すぎて全然入れなかったことでしょう。入れるようになったら日本の翼コレクションシークレットがなくなっていたので、みんな日本の翼コレクション目当てのアクセスだったようです。
しょうがないので今回は久々のヤフオクガチンコバトル(時期が早すぎて、即決で売ってくれる人がまだ来ていない)。とりあえず、シークレット以外の欲しいものは押さえましたとさ。

新作ウルトラマン、地元番組に屈す 福島・青森など

2006.04.16(04:02)

ソースは河北新聞の記事ということですが、ウルトラマンメビウスの出来が非常に良いだけに、見られない地方の人達は本当に可哀想です。
かくいう、さはらさんも青年期を和歌山県などといううど田舎ですごしたおかげで「装甲騎兵ボトムズ」リアルタイムで見ていません! 一時期のテレビ和歌山は本当に酷かった。なにせアニメをたった一本しか放映していない時期があったんだから。
しかも放映してたのが、よりによって
トンデラハウスの大冒険だの、パソコントラベル探偵団だの、


誰が好きこのんで見るんじゃ、そんなもんっ!

ウルトラマンメビウス第2話「俺たちの翼」

2006.04.16(03:46)

はいはい、本ブログで定着コーナー化しそうな、今週のウルトラマンメビウスの時間がやってまいりました。さはらさん、おもいっきり乗り気です。
まず導入部から、先週の謎の宇宙人らしき奴(4話ぐらいで登場するアレか?)の後ろで、ウルトラQのOPの音をバックにいきなり見開くグドンの赤い目玉というのがまずはショッキングでようござんした。こういうのが、さりげないセンス・オブ・ワンダーなんだと思います。この感覚を、「ウルトラマンメビウス」という作品は大切にして欲しい。


続いて、いきなりフェニックスネスト基地にウルトラホーク1号の模型っ! このさりげなさが良。この後、主人公とアイハラ隊員が、チームGUYSの新隊員を集めるわけですが、それぞれの夢があった割には、なんかなし崩しに集まっちゃうところが……(^_^;)
そのきっかけとなるのが、新型万能戦闘機ガンフェニックスにカラーリングを施すシーンになるんですが、ここでもさりげなくジェットVTOLの模型が出てくるところが良。
カラーリングが終了した時点で、湾岸埋め立て地にグドン出現。ここでクゼ隊員「あのツインテールを喰った!」と言っちゃうところが良。
これでクゼ隊員が本作の解説役に決定したわけですが、きっと昔怪獣博士とか呼ばれてたクチなんでしょうね(実は昔、さはらさんにも怪獣博士だった時期がありました。今は、いろものメカ研究家ですが……)。
こうして、まだ民間人の身分のイカルガ隊員とカザマ隊員を連れて、ガンフェニックスで出撃となるんですが、ここで


冬木調ワンダバキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



しかも歌入りでキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!


うぉぉっ、サントラ購入決定っ!!!


なんか、ジャンボーグAに登場した特捜隊PATの、


ずんずんずびずびずびずば~♪ずんずんずびずびずびずば~♪


さ~かまくくろ~くも~♪


みたいでむちゃくちゃ心地よいです。しかも、あれだけオモチャっぽく見えていたガンフェニックスが、


なぜか、むちゃくちゃかっこいいんだなぁ~!



コクピットになるガンスピーダーが5台あったのは、間違いなく後々への複線ですな。楽しみ楽しみ。
これで、グドンが出現した夕陽の埋め立て地へと出動するわけですが、夕陽にグドンというのもやはりツボですな。
グドンのムチ攻撃の応酬にピンチになるガンフェニックスですが、ここで超科学メテオールの発動申請と、許可後の1分間カウントダウン
ガンウィンガーガンローダーに分離し、マニューバモードに変形して攻撃するわけですが、マニューバモードでのガンウィンガーの超機動飛行ガンローダーのブリンガーファン攻撃は、さはらさんの予想の斜め上を行くほどの凄まじさだったので、これはこれで非常に良っ! つーか、俺設定をここまで昇華させてくれたスタッフ心底感謝っ! マニューバモードの凄まじいGで、気絶するカザマ隊員も良。
ガンローダーが垂直着陸し、ウルトラマンメビウス登場。グドンをぶん投げて街から遠ざけて戦うわけですが、これに感心したアイハラ隊員ガンウィンガーでグドンを攻撃するところが非常に良っ!!
これっ、これが見たかったのよ。ウルトラマンが戦ってる最中に、何もしない防衛隊というのはやっぱしなんかおかしいよ。長い間、不満に思っていたことの溜飲がようやく下がりました。
そして。この攻撃で出来た隙を突いてメビュームブレード一閃っ! 切断されて宙を舞うムチ。しばらくのタメの後、粉砕されるグドンっ!


最高っす!!


この話で唯一不満があったとすれば、


ツインテールが出なかったことだけ!


だけど、そんなことはもうなんか些細なことだよなあ。次回はあの


怪鳥バードン


なんだろうけど、次回もエサのケムジラは登場しないんだろうしなあ。ああ、俺今回はたった2話にしてむちゃくちゃテンション高いなあ……。


レイアウト配色変更

2006.04.13(01:41)

って、またオレンジかよっ! 芸がないなぁ……。

萌えよ!戦車学校 II型

2006.04.12(02:30)

イカロス出版昨年のベストセラーと言っても過言ではない、「萌えよ!戦車学校」の2冊め、「萌えよ!戦車学校 II型」がついに発売されてしまいました。
都合により、まだ本屋の店頭で手に取っただけですが、今回もまた濃い世界がのがみさんのキャラで展開しております。
結果的にではありますが(多少の行き違いが発生したんだが(笑))、田村尚也さんは自分をイカロス出版に紹介してくれた恩人のようなものなので、以前買った人は今回も、まだ買ってない人は2巻まとめて買ってくださいねえ。
内容は、太鼓判っ!もののついでに、あと10日ほどするとミリタリー選書<14>ものすごいものが発売されるので、ついでにそれも買うといいぞっ!


春の番組改編期その1ウルトラマンメビウス

2006.04.10(23:50)

さてコメントにも書きましたが、この春の番組改編期一番のオススメは、自分の職業柄というわけでは決してありませんが、


ウルトラマンメビウス


になってしまいました。
実は第1話を見るまで、まったく何も期待していなかったのです。だって、事前に見ていた


ガンフェニックスがおもちゃっぽい!


という印象が……ねえ。


ところが、いざ第1話を見てみると、25年と1週間怪獣が出現していなかった設定とか、宇宙から迫り来る怪獣に対し自動迎撃衛星のレーザーが発射され、怪獣に瞬殺されるとか、宇宙怪獣迎撃に出撃するコンクルーダーもといガンクルセーダーの編隊。しかも隊長機はカラーリングが異なり、主翼下に搭載するミサイルポッドが2種確認されるとか。
いやもう、完全にこちらのツボを突きまくってくれていますよ、原口監督っ! コンクルーダーのオリジナルプロップを改造してガンクルセーダーが造られたという話が聞こえて来ちゃいましたが、この1話で私は許します。
宇宙怪獣迎撃任務でオリジナルのGUYSメンバーが全滅し、その代わりに怪獣が襲来した時に保育園のウサギを助けていた人々がGUYS隊員になることになるんでしょうが、これもウルトラシリーズとしては斬新でよいです。特に、アマガイコノミ隊員メガネっ娘で良。25年ぶりにやってきたウルトラマン。メビウスも、戦い方は知っているけど守ることの意味が判ってないのも良。


それでまあさっき、中部日本放送のウルトラマンメビウス公式サイトを見たんですが、GUYSに迫る!のページのメカ・装備の解説のところに、こんな事が書かれていましたよっ!


メテオール

過去に宇宙人が残したものを「GUYS総本部」が、研究して手に入れたテクノロジーの総称。


GUYSガンウィンガー

高速空中戦性能に優れる攻撃戦闘機。超絶科学メテオールによるマニューバモードでは、UFO的超絶飛行や、スペシウム弾頭弾の使用も可能。


なにこの俺的設定っ! つまり、自分がタツミムックで書いてた宇宙人の科学技術流用は、どうやらウルトラマンメビウスでほとんど公式的な設定になってしまったようです。いやはや、長らく原稿書いてきた甲斐があったなあ。
というわけでウルトラマンメビウスに関しては、出来るだけブログを残すことに決定。そこの出版社の人、さはらさんは大いに乗り気なので仕事くださいねえ。

ブログ、引っ越しました

2006.04.10(02:29)

リンククラブのおまけのようなブログ2年半に渡ってやっておりました


いろものメカ雑記帳


でありましたが、もうダメだ。もう限界。何がダメって、




  1. ブログサービスとして、世間から相手にされてない。

  2. おかげで、旬のネタを書いてもブログ検索に引っかからない。

  3. やたらSPAMコメントを書き込む外人がやって来る。

  4. そのくせに、アクセス禁止設定はあって無いようなもの。


なんだから、2年半も使ってたけど、ようやく


使えねえっ!


と判断して、FC2ブログに引っ越しました。
ということで、今までご贔屓にしていただいていた皆様も、新しくここを見つけた皆様も、今日からここに引っ越しますのでよろしくお願いします。




| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。