大砲

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. LRAD(02/09)
  3. 羽田から出土した高射砲について(06/09)
  4. 米軍が人間大砲を開発 (05/25)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

LRAD

2009.02.09(02:26)

 

これが現在、日本の捕鯨船がシーシェパード相手に使用中対人攻撃音波兵器LRADです。
もちろん、警告兵器としては最強の部類というだけで、使い方を誤らなければ死傷者は出ませんので違法物件ではありません。

まあ、拡声器の大がかりな奴と考えればいいと思います。
同様の発想には、古くはドイツ空軍の対空音波砲があります。
しかしねー、もっとポピュラーに言っちゃうと、これを超音波にして殺傷能力を付ければフォノンメーザー砲ですね。
フォノンメーザー砲と言えば、古くはSAFのシーマリン号に搭載。もうちょっと新しいと、ジオン軍の水中戦用モビルスーツ・ゾックに搭載されていたものですね。

スポンサーサイト

羽田から出土した高射砲について

2007.06.09(21:15)

羽田に埋もれていた高射砲、新国際線ターミナル建設現場(読売新聞)


 


20070609211436.jpg20070609211448.jpg


>東京・羽田空港の新国際線ターミナルの建設現場で、深さ約2メートルの地中に、高射砲
>などが埋まっているのが見 つかり、報道陣に6日、公開された。
>
>旧日本軍のものである可能性があり、国土交通省東京航空 局で、今後の処分を検討する。
>
>掘り出されたのは、長さ1メートル35の砲身を備えた高 射砲1台と、砲身がなくなっている
>高射砲1台、砲身2本。
>いずれも赤茶色に腐食しているが、おおむね原形をとどめていた。台座と見られる直径約3
>メートルの穴に、まとめ て捨てられていた。(読売新聞)


 この高射機関砲についてですが、どうもいろんなところで九八式二〇粍高射機関砲(ホキ砲)と言われているようなんですが、この砲はひょっとして二式多連装高射機関砲(ケキ砲)なんじゃないでしょうか?


ホキ砲


これが九八式二〇粍高射機関砲(ホキ砲)ですが、砲架の形状がひどく簡単で、出土品とは異なる形状のように思えます。
ケキ砲(小倉)ケキ砲(富士電機)

こちらが二式多連装高射機関砲(ケキ砲)です。左が小倉造兵廠試製、右が富士電機試製ケキ砲です。小倉造兵廠製のものを見れば砲身のマズルブレーキ形状九八式二式も同一ですが、どちらのケキ砲砲架の造りがかなり頑丈なものに改良されていることが見て取れます。砲架の形状という点ではケキ砲が出土品に近い形状であると思われます。
では、何故ケキ砲多連装という名称の割に単装砲なのでしょうか? その答えは機械式高射算定装置(歯車式のアナログコンピュータ)を用いて複数の単装砲を同調させていたからで、ファランクス対空システムのご先祖様的存在だったわけです。


巷では九八式と言われているようですが、私は写真で判断する限りはケキ砲説を採ります。そしてもしもこれが本当にケキ砲なのならば、貴重な遺産ですのでぜひとも相応の博物館に収蔵することを勧めます。
それにしても、高射算定装置は出土していないんでしょうかねえ?

米軍が人間大砲を開発

2006.05.25(01:01)

今朝、スラッシュドットジャパン読んでて吹きましたよ。
DARPA米特許庁に、


圧縮空気式「人間大砲」の特許


を申請したとのこと。
ちなみにこれが実際の特許


しかしこのネタで、7時40分にタレこんで、8時48分まで「恐竜戦隊コセイドン」ネタが書き込まれないのってどうよ?

| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。